仮想通貨起業家で米経済番組CNBCのレギュラーであるブライアン・ケリー氏は18日、コインテレグラフのインタビューに答え、ビットコインETF(上場投資信託)が2019年に承認されるチャンスはないと主張した。

スイスで開かれている仮想通貨ファイナンス・コンフェレンスでコインテレグラフの取材に応じたケリー氏は、2019年の仮想通貨市場は2018年より良くなると予想。「弱気相場の終焉に近いところにいる」とし、注目通貨としてビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)をあげた。

2019年の焦点はおそらく通貨になるだろう。ビットコインやライトコインなどだ。世界で地政学的なリスクが高まっている。世界のマクロプレイヤーの一部がビットコインを金の代替と考え始めている。通貨の乱高下とボラティリティに対するリスクをヘッジする手段としてね」

ただ、ビットコインETFに関してケリー氏は悲観的だ。ビットコインETFが今年承認されるかどうかについて、「no shot (可能性がない)」と発言した。

SEC(米証券取引委員会)は、米運用会社ヴァンエックと金融サービス企業のソリッドXが取引所Cboeと組んで申請中であるビットコインETFの可否判断について、2019年2月27日まで延期すると発表。機関投資家のさらなる参入のきっかけになると市場関係者は期待しているものの、SECのビットコインETF支持派で「クリプトママ」と呼ばれるヘスター・ピアース委員は、過度な期待は禁物と指摘。「仮想通貨やビットコインETFが承認されるかどうかで生死を分けるような生き方をしないよう」呼びかけた。

ケリー氏は昨年8月、これまでSECがビットコインETF拒否の理由として上げていた「詐欺や価格操作」について、今後それらを監視する仕組みが整うのではないかと予想していた。

【新着・関連記事】
ビットコインETFの可否判断、SECが来年に延期 クリプトママは過度な期待しないよう警告
「ビットコインETFは来年2月に承認の可能性高い」=米仮想通貨アナリスト
仮想通貨は今後こうなる! 50人の専門家が語る2019年 ビットコイン価格予想

liquid

ビットコインを買うならLiquid

高い流動性を誇りビットコインの取引高は国内で断トツトップ!ツールも高機能でスマホからの取引も便利。
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。多数のテクニカル分析が可能。
口座開設はこちら
BITPoint

上場企業の運営の取引所BITPoint

仮想通貨の送金手数料が無料!現物取引は8つの通貨ペアがあり、FXとレバレッジ取引は最大25倍。
口座開設はこちら