2018年に仮想通貨投資家が失った仮想通貨は17億ドル(約1850億円)だったことが明らかになった。

CNBCがサイファートレース・仮想通貨・インテリジェンスのレポートとして伝えた。2017年に比べて被害額は3.6倍になっており、弱気相場にもかかわらず、犯罪行為は増加した。

記事によると、17億ドルのうち、ほぼ10億ドルが取引所での被害額。去年1月に起きたコインチェック事件が更にその半分以上を占めていることになる(約580億円のネム消失)。

ただ、去年の第4四半期にかけて、携帯電話番号を盗用することでオンラインの金融口座やSNSアカウントを乗っ取るSIMスワップ詐欺などの詐害行為が増加したそうだ。

また、仮想通貨を使った資金調達であるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で、Exit Scams(出口詐欺)が横行したという。

投資家の資金を持ち逃げする出口詐欺は、去年ほぼ7億5000万ドルの被害があったそうだ。

サイファートレースのデーブ・ジェヴァンズCEOは、実際の被害額はもっと大きい可能性を指摘。

また、犯罪者について、単なる街の悪党ではなく、コンピューター・サイエンスで修士号を取ったようなプロ集団という見方を示した。

【関連・新着記事】
【速報】ウォール街の金融大手フィデリティ 3月にビットコインのカストディサービス開始か
「マウントゴックス事件の被害額より高い手数料」ヴィタリックが仮想通貨ビットコインのスケーリング問題を振り返る
SBIが米R3と合弁会社SBI R3 Japanを設立へ ブロックチェーンプラットフォーム「コルダ」導入支援

<本記事ご協力>

国内最大級の仮想通貨ニュースサイト|コインテレグラフ日本語版

コインテレグラフ日本語版

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

liquid

ビットコインを買うならLiquid

高い流動性を誇りビットコインの取引高は国内で断トツトップ!ツールも高機能でスマホからの取引も便利。
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。多数のテクニカル分析が可能
口座開設はこちら
BITPoint

上場企業の運営の取引所BITPoint

仮想通貨の送金手数料が無料!現物取引は8つの通貨ペアがあり、FXとレバレッジ取引は最大25倍
口座開設はこちら