ハードフォークは仮想通貨の互換性のないアップデートを行うことですが、このハードフォークが行われる理由は様々です。

マイニング競争がかなり激しさを増している中、設備投資能力が高い大企業がかなり有利な状況にあるため、独占を避けるための対策という側面も考えられます。

本来、ブロックチェーンは広範なネットワークにリスクを分散させることに意義があるとも言えるからです。

または、元の仮想通貨の弱点を改善する目的や、開発チームが仮想通貨の運用をめぐって意見が分かれ、それが引き金となって分岐の通貨が誕生するなどといったことも起こっています。

今回は、ハードフォークの主な目的に着目していきたいと思います。

ハードフォークの主な目的はスケーラビリティ問題の解消

仮想通貨はブロックチェーンという技術によって成り立っています。

ブロックチェーンは、仮想通貨の取引を記録したデータを一つの場所で管理するのではなく、取引に参加する全員がデータの運営と管理を行うというものです。

つまり、データを一元管理するのではなく、分散して管理します。

ブロックチェーンは外部からの改ざんが難しいことや、運用コストが安いなどのメリットがありますが、その一方で技術的な問題も抱えています。

ブロックチェーンはブロックを次々に生成し、その生成したブロックに仮想通貨の取引情報を記録していきます。

その記録された取引情報の正当性の証明処理をすることで、仮想通貨の安全性が保障されるのですが、仮想通貨の利用者が増えれば増えるほど取引情報も肥大化していきます。

このため、取引情報の証明処理が追い付かなくなり、取引の処理時間が長くなったり、手数料の高騰が起こるなどといった問題が発生します。

これが、「スケーラビリティ問題」と呼ばれているものです。

この問題を解決するには、基本的にハードフォークやソフトフォークを行う必要があるのです。

その結果として仮想通貨の分岐が発生し、新しい仮想通貨が誕生することにつながっています。

ビットコインのハードフォークはアップデートの方針の対立が引き金

仮想通貨の老舗であるビットコインは、ハードフォークをこれまでに3度以上行っており、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンドに分岐してきています。

この3度以上に渡るビットコインのハードフォークの引き金になったのは、ビットコイン保有者が増加するにつれ、決済完了までの処理時間が長くなってきた問題に対する方針の対立だといわれています。

これまでもビットコインの開発グループは、処理速度を上げて決済時間を短縮するために仕組みの改善などに取り組んできました。

しかし、解決策として取引情報を記載するブロックの容量を大きくする派と、ブロックの容量はそのままで取引情報を圧縮する派に分かれました。

そのため、結果としてハードフォークを行い、ビットコインキャッシュなどの派生的な仮想通貨が誕生することになりました。

ハッキングの事後対応としてハードフォークを決断したイーサリアム

イーサリアムは、ビットコインと並ぶ有名な仮想通貨の1つです。

このイーサリアムもThe DAO事件をきっかけに、過去ハードフォークを実行。

これによってイーサリアムクラシックが誕生しています。

The DAOというイーサリアムプロジェクトがあったのですが、ある日、ハッカーによってDAOシステムの脆弱性を突かれ、当時52億円相当のETHが盗まれてしまいました。

この時、イーサリアムの開発チームは「ブロックチェーンを攻撃を受ける前の状態に戻し、事件を無かったことにする」という決断を下したのですが、一部のコミュニティで反対意見が発生。

「イーサリアムの欠陥ではなく、The DAOの脆弱性によって起きた事件だ。管理者を持たないはずのイーサリアムが事件に介入するのはおかしい」といったものです。

その後、和解することなくコミュニティが分裂。

事件を無かったことにしたいコミュニティと、それに反対意見を出したコミュニティは、「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」に分岐して、それぞれ別々の道を歩むことになったのです。

ビットコインやイーサリアムのハードフォークは、様々なハードフォークのうちの一例に過ぎません。

仮想通貨は数多く存在しており、その数だけハードフォークの理由があるといえるでしょう。

<本記事ご協力>

JWマイニングファーム国内自社ビル運営 JWマイニング株式会社

JWマイニング株式会社

jwmining