執筆者紹介

JWマイニング

JWマイニング

マイニングに新旋風!太陽光発電と新電力で高利回り実現! JWマイニング株式会社は、環境分野で豊富な実績を有する和上ホールディングスグループによって設立。 手軽にマイニング事業に参加出来る環境を国内自社ビルにてご提供。今後も有益な情報コンテンツを発信していきます。

JWマイニング 記事一覧

  • 世界各国で進むデジタル通貨研究とビットコインへの影響

    JWマイニング
    20/05/09 (土) 19:20

    ビットコインなどの暗号資産が少しずつ普及を進めてきている中で、世界各国でデジタル通貨の研究を進める動きが出ています。そして、この動きに日本銀行も加わっています。なぜ各国がデジタル通貨研究に乗り出したのか、そしてデジタル通貨はビットコインをはじめとする暗号資産にどのような影響を与えるのか考察していきます。

  • 新型コロナショックによるビットコイン下落への影響と今後の価格推移

    JWマイニング
    20/04/29 (水) 13:50

    新型コロナウイルスは発症が報告されてから瞬く間に感染が広がっていき、今や世界中で爆発的に広がるパンデミックに陥ったことで人々は不要不急の外出の自粛を余儀なくされ、それに伴って経済活動が委縮して冷え込んでいく危機が各国で見られます。世界中で人々の健康だけでなく経済にも打撃を与えている新型コロナは暗号資業界にも影響を与えており、価値の下落を招く要因になっています。まだまだ先が見えない新型コロナウイルス騒動の中で、暗号資産の価値は今後どのように推移していくのか考察します。

  • ビットコインが持ち直した要因と、中国の暗号法をめぐる暗号資産の将来

    JWマイニング
    20/01/26 (日) 18:00

    ビットコインの価格が下落傾向となってから10月下旬に至るまで、ビットコインを筆頭にイーサリアムやリップルなど暗号資産市場全体が落ち込んでいましたが、中国が暗号法を可決してブロックチェーン技術を推進すると発表したことで、一時的に市場全体が上向きました。 現在は再び価格が下落していってはいますが、中国の動きがビットコインが持ち直した要因となったことと見て良いと考えられます。

  • 中国の暗号法成立と暗号資産の価値高騰の可能性

    JWマイニング
    20/01/05 (日) 12:00

    中国は今まで暗号資産の取引やICOを全面的に禁止してきており、今でもその姿勢は変わってはいません。しかし、中国はブロックチェーンを今後力を入れるべき技術の1つとして位置付け、「暗号法」を定めました。この動きが、アメリカのフェイスブックのリブラに対抗したものかどうかは定かではありませんが、リブラの動きに合わせた絶秒なタイミングでの暗号法可決の発表なので、アメリカの動きを気にしているといっても良いでしょう。

  • イーサリアムは無価値なのか|今後も下落は避けられない可能性

    JWマイニング
    20/01/04 (土) 18:00

    イーサリアムは9月上旬の暗号資産市場全体の下落に連動して、価格が大幅に暴落し、1日で20%以上の価格が下がる事態となりました。しかも、イーサリアムは今回の暴落によって2017年9月以来の安値となってしまい、その後は下降トレンドが続く形となっています。 今回のイーサリアムの暴落はゴールドマンサックスが影響しているという意見がある一方で、イーサリアムの需要が減少しているという意見や、そもそもイーサリアム自体が無価値であるという意見まで挙がりました。

  • 秋から冬にかけてビットコインの底値が固まる可能性

    JWマイニング
    20/01/04 (土) 16:00

    2019年9月はビットコインの急落が急落したことによる巻き添えを受けたのか、アルトコインも大きく値が崩れる展開となりました。 これまでの期間はアメリカと中国の報復関税のように世界経済に大きな影響を与える動きがあったうえに、香港デモの過激化によるマネー逃避先としてビットコインが選ばれるなど、ビットコインの価格が急騰する要因がありました。

  • ビットコイン急落はBakktに失望したマイナーが要因か

    JWマイニング
    19/12/01 (日) 20:00

    ビットコインの価格が80万円台まで落ち込み、今は1,00万円付近まで回復していますが、先日のビットコインの急落はBakkt(バックト)の先物取引にマイナーが失望し、ハッシュレートが急落したからだという声があります。

  • ビットコインが熱いからこそ知っておきたい危険性

    JWマイニング
    19/09/22 (日) 12:00

    ビットコインは投資対象として投資家だけでなく、一般の人からも人気を集めており、市場の動きも好調である傾向があります。 高騰しているビットコインの動きをみて、これからビットコイン投資に参入したいと考えている方もいらっしゃると思います。 しかしビットコイン投資を始めるには、価格が高騰しているというプラスの側面だけを見るのではなく、様々なリスクがあることも把握しておく必要があります。

  • 暗号資産が暴落する原因と今後考えられるリスク

    JWマイニング
    19/09/17 (火) 15:00

    2017年における仮想通貨はまさにバブルといっていいくらいの急成長を遂げ、その恩恵によって利益を得た人は多くいます。 しかしその後、暗号資産の価格は大暴落し、20%以上の暴落を何度か繰り返すなど大きすぎる価格変動に翻弄されて、利益を得るどころか損失を被った人が多くいることも確かです。

  • 注目を集めている暗号資産「リップル」の将来性についての真実

    JWマイニング
    19/09/15 (日) 14:00

    少し前までは、仮想通貨といえばビットコインやイーサリアムが注目を集めていた印象がありますが、現在は2017年の12月頃から高騰を始めたリップルが注目を浴びています。 リップルが注目を集めているのは単に高騰した価格ではなく技術面であり、さらに注目をしているのが個人ではなく企業であることからも、リップルは他の暗号資産とは少し立ち位置が異なることが伺えます。 そこで今回はリップルがどういった暗号資産なのかを解説するとともに、リップルの将来性についても考察していきます。

  • 暗号資産保有者の運用実態とこれから参入して稼げる可能性はどれだけあるか

    JWマイニング
    19/09/08 (日) 15:00

    暗号資産は価格の乱高下や、利益や損失に目が行きやすいためにギャンブルのように考えている人も多くいらっしゃる印象がありますが、名前にある通り資産を運用しているのであり、ギャンブルとは異なります。 また、日銀の金融リテラシー調査によると、FXや株式などと同様に暗号資産は理解度の差が運用実績に大きく影響していることも分かりました。 このことを踏まえて、暗号資産保有者の運用実績の実態をもう少し詳しく掘り下げるとともに、そこからマイナーが稼げる可能性について考えていきたいと思います。

  • 暗号資産と呼ばれる理由とマイニングにおけるリスク

    JWマイニング
    19/09/03 (火) 10:00

    仮想通貨はブロックチェーンという革新的な技術によって大きく成長してきました。 しかし、最近になって仮想通貨という呼称から、「暗号資産」という呼称に変更する法案が国会で成立しました。これにより、日本でも国際的な表記に合わせて暗号資産と呼ぶことが決まったため、JWマイニングもそれに合わせて仮想通貨を暗号資産という呼称に変更しましたが、国は理由もなしに呼称を変更したわけではありません。仮想通貨が暗号資産と呼ばれるようになったのには、相応の理由があります。

  • ビットコイン価格急上昇にみるマイニングの可能性

    JWマイニング
    19/08/25 (日) 23:00

    ビットコインは2017年にバブルを迎え、一時は200万円を超えるほどになっていましたが、2018年にバブルは崩壊し、約220万円から一気に約80万円まで暴落しました。 高値でビットコインを買った人は真っ青の状況だったと思いますが、2019年に入ってからビットコインは見事に息を吹き返し、6月には100万円を突破して150万円に到達しそうな勢いでした。その後とは100万円付近まで値が下がったものの、7月には130万円辺りを推移しています。

  • 暗号資産市場の急成長が見込まれるきっかけと要因

    JWマイニング
    19/08/19 (月) 10:00

    今後の暗号資産市場において注目すべき暗号資産の1つであるカルダノエイダコインの創設者、チャールズ・ホスキンソン氏は、暗号資産市場が急成長するにはもう少し時間が必要だと考えているものの、その時はいずれ訪れると予想しているようです。そこで今回は、令和の時代において暗号資産市場の急成長が見込まれるきっかけと要因について、解説していきます。

  • 令和の時代に注目すべき5つの暗号資産

    JWマイニング
    19/08/12 (月) 12:00

    元号が令和へと変わり、暗号資産の下落相場も落ち着きを見せ始めています。暗号資産市場の春の訪れは2020年頃と、もう少し待つ必要があると感がられますが、市場全体が上向いていくことが期待されています。そこで今回は、令和の時代に期待を込めて、今後注目すべきと考えられる5つの暗号資産をご紹介します。

  • 2019年の暗号資産市場は弱気市場継続?マイナーはどう対処すべき?

    JWマイニング
    19/08/10 (土) 19:30

    2017年から2018年にかけて、暗号資産市場は浮き沈みの激しい激動の時代となりましたが、2019年以降の市場はどのような動きとなる見込みなのでしょうか?今回は、今後の市場予測と、それに対するマイナーの対処法について解説していきます。

  • ビットコインの半減期に向けてマイニングファーム再稼働の兆し

    JWマイニング
    19/08/06 (火) 10:20

    ビットコインなどの暗号資産価格の大幅な下落を受けて、多くのマイナーや企業がマイニング市場から撤退する動きを見せ、稼働が停止するマイニングファームが出てきています。しかし一方で、ビットコインの半減期である2020年5月に向けて、もう1つの別の流れが出てきています。

  • 仮想通貨市場は今後も良好?機関投資家は参入に前向き

    JWマイニング
    19/07/27 (土) 12:10

    仮想通貨市場は仮想通貨自体の取引によって利益を得る流れから、マイニングによって利益を得る流れに移行しています。
そのマイニングも、ソロマイナーだけでなくマイニングプールやクラウドマイニングなど、利益を得るための手段が増え、競争は激化しています。
そのような仮想通貨市場に今から参入したところで利益を得ることはできるのか?と、疑問を抱いている方もいらっしゃると思います。

  • 用途はマイニングだけじゃない、マイニングマシンの新たな可能性

    JWマイニング
    19/07/20 (土) 12:41

    暗号資産(仮想通貨)が出始めた当初は、それ自体が投資対象として取引され、少し時間が経てば投資方法がマイニングへ移行しました。
そして現在、あれだけ勢いのあったマイニング市場において、「暗号資産の墓場」という言葉が登場しました。

  • 中国政府がマイニングを禁止することで考えられる影響とは?

    JWマイニング
    19/07/14 (日) 12:30

    マイニングは世界各国で行われており、競争は日々激化しています。そのようなマイニング業界の中でもひときわ存在感を放っているのが、中国です。

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら