オフドウクンを使った不動産売買の解説図

不動産分野のブロックチェーン特許技術を複数所有するツバイスペースは、独自のブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトを用いたシステムの商用利用を開始した。

提供開始したのは、不動産売買時にかかる手数料をサイコロで決定し、高い確率で手数料が割引になるウェブアプリケーションで、サイコロで出る目の確率はブロックチェーンによって確証される。

不動産売買の手数料が最大80%オフに

不動産売買にかかる手数料は3%程度が相場となっているが、ツバイスペースが提供するサイコロアプリ「オフドウクン」を利用すると、出た目によっては手数料が0.5%となり、最大80%の割引を受けられる。

オフドウクンによる割引が受けられるのは、ツバイスペースが提供する不動産ポータルサイト『Zweispace(ツバイスペース)』で掲載されている不動産商品が対象だ。

サイコロの目が低いほど手数料は安くなる。サイコロの目が6以外ならば、手数料は相場の3%よりも安くなるため、高い確率で割引となる。

サイコロの目 1 2 3 4 5 6
割引率 0.5% 1% 1.5% 2% 2.5% 3%

引用:不動産売買の強い味方!オフドウクン

手数料は売主側にも買主側にも適用され、両者が振ったサイコロの目のうち数字が低い方の目が適用される。

オフドウクンを使った不動産売買の解説図

耐震強度測定アプリなどブロックチェーン技術を導入

東京都千代田区に拠点を置くツバイスペースはオフドウクン以外にもブロックチェーンを利用した不動産関連のシステムを開発している。

耐震強度測定アプリ『NAMAZU』は地震のデータをIoTセンサーで収集し、ブロックチェーンに記録することでデータの改ざんを防ぎながら、AIを利用した地盤調査や地震被害シミュレーションを可能にするシステムで、すでに商用利用を開始している。

また、同社の運営する賃貸不動産ポータルサイト『不動産屋.co.jp』では、賃貸情報を独自のブロックチェーンで記録している。

同社は今後も、先端技術を取り入れたAIロボット建築士、鑑定士『オートカルク』といったプロダクト開発を推進する計画だ。

不動産×ブロックチェーンの関連記事

建設テックのZWEISPACEが特許取得の耐震ブロックチェーンでアジア展開

東京都千代田区に拠点を置く建設テック、不動産テックのZWEISPACE(ツバイスペース)は地震多発地域のアジア各国で耐震ブロックチェーン事業を展開することを発表した。 耐震ブロックチェーンでアジア展開 … 続きを読む 建設テックのZWEISPACEが特許取得の耐震ブロックチェーンでアジア展開

ブロックチェーンを不動産事業に活用。三井住友信託銀行がはじめた実証実験とは?

ブロックチェーン技術の活用事例が相次いでいます。2018年12月、三井住友信託銀行は、不動産事業にブロックチェーン技術を活用する実証実験をはじめました。 この記事では、その実証実験の仕組みや利点、課題 … 続きを読む ブロックチェーンを不動産事業に活用。三井住友信託銀行がはじめた実証実験とは?

積水ハウス、ブロックチェーンを活用した不動産情報管理を開始予定。

ブロックチェーンによる不動産賃貸システム 2017年の中頃から、積水ハウスはbitflyerと共同でブロックチェーンを用いた不動産情報管理システムの構築を行なっていました。 当初は年度内のサービスイン … 続きを読む 積水ハウス、ブロックチェーンを活用した不動産情報管理を開始予定。

The post スマートコントラクトのサイコロアプリで不動産手数料割引 ツバイスペースが商用利用開始 appeared first on Coin7 仮想通貨ニュースメディア.