仮想通貨取引所コインチェックは18日、同社の対応指針に基づき、ビットコインSV(以下、BSV)を日本円で交付すると発表しました。

BSVは、昨年11月にビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークした仮想通貨です。

交付内容は以下の通り。

概要

対象者について、相当額の日本円がコインチェック取引アカウント残高に交付されます。

対象者

以下の条件を満たすユーザーが対象です。

  • ・2018年11月16日 AM2:52:01のハードフォーク発生時点で、BCH(ビットコインキャッシュ)を保有していたこと
  • ・2019年3月18日 AM11:00時点で該当アカウントが通常通り使えること

交付額

コインチェック社でBSVを売却後、対象者のBCH保有量に応じて交付されます。

交付予定日時

交付日は「市場価格等へ影響する可能性があるため公表しない」とのことです。

交付を実施した後、改めて公式SNS等を通じて発表するそう。

注意点

  • ・対象者の項目でも述べた通りで、今からBCHを購入してもBSV交付対象者にはなれない
  • ・今回はBCH保有量に応じた日本円交付の発表のみで、BSV自体の取引が出来るようになるわけではない

参考:BitcoinSVの日本円による交付について

ツイッターの反応は?

投資家からは喜びの声

一方で、冷静な意見も

BCHSVの値動き

今回BSV交付の発表があった時間以降、大きな売りが出ていることが分かります。

SNSの反応でもあったように「売り圧力」を警戒した動きかもしれませんね。

出所:TradingView

まとめ

2018年までみなし業者だったコインチェックは、今年1月11日にようやく金融庁から登録業者として認可を受けたばかりです。

しかし、今月11日に通貨別チャットを増設するなど、早速ユーザーを囲みに行く勢いを見せています。

このような試みは他の取引所もどんどん追随していってほしいですね!

仮想通貨というと、どうしても海外取引所が話題に上りがちですが、国内取引所も負けずに新しいことにチャレンジしてほしいなと思う今日この頃です。

そういえば、先日ビットコインの取引量が一年ぶりに1兆円を突破して話題になりました。

少しずつですが相場に活気が戻ってきたように感じます。

今後の活動に期待しましょう。

<関連記事>

コインチェック、正式に登録業者へ 金融庁発表

コインチェック