今回はGMOコインの会員登録および、口座開設方法について画像付きで分かりやすく説明していきます。

  1. 1.GMOコインとは?
  2. 2.事前に用意するもの
  3. 3.GMOコイン新規口座開設までの手順
  4.  3-1.会員登録
  5.  3-2.口座開設の申込(個人情報の登録)
  6.  3-3.口座開設の申込(本人確認書類)
  7. 4.セキュリティ設定をする(任意)
  8. 5.おわりに

1.GMOコインとは?

会社概要

GMOコインは、2016年10月に設立された仮想通貨販売所です。

運営会社はGMOコイン株式会社で、IT大手であるGMOインターネット株式会社(東証一部上場)の子会社でもあります。

FX最大手のGMOクリック証券も同グループで、大手ならではの堅牢なセキュリティや充実したサポートが受けられます。

GMOコインの魅力は何と言っても仮想通貨FXですね。国内でも珍しい、アルトコインの空売りが出来ます。

商号 GMOコイン株式会社
登録番号 関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
設立年月 2016年10月
事業内容 仮想通貨交換業
代表取締役社長 石村 富隆
資本金 17.58億円(準備金含む)
株主 GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行

 

キャンペーン実施中!今なら2万satoshiが貰える

口座開設書類の発送後7日以内に、口座開設を完了(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)させると貰えるキャンペーンです。

円換算するとたったの150円程度ですが、手間をかけずにGET出来るのでぜひ貰っておきましょう!

GMOコインさん!ゼロが一つ足りないぞ!笑

2.事前に用意するもの

スムーズに登録出来るよう、以下3つを必ず用意しておきましょう。

  • ・メールアドレス(会員登録に必要)
  • ・SMSが受信出来る電話番号(会員登録に必要)
  • ・身分証明書(口座開設の申込に必要)※

※身分証明書について

◇画像アップロードの場合 下記から1つ用意
運転免許証、マイナンバーカード、各種健康保険証、パスポート(日本国が発行する旅券)、
住民票の写し、在留カード、特別永住者証明書
◇受取時本人確認の場合 下記から1つ用意
運転免許証、マイナンバーカード、パスポート(日本国が発行する旅券)、在留カード、
特別永住者証明書

3.GMOコインの口座開設手順

3-1.会員登録

まずはGMOコインに飛びましょう。

(1).【会員登録 かんたん口座開設(無料)はこちら】をクリック。

 

(2).登録に使用したいメールアドレスの入力、「私はロボットではありません」にチェックを入れて【無料口座開設】をクリック。

 

(3).(2)で入力したメールアドレス宛に認証メールが送信されるので、受信メールを確認する。

 

(4).件名が「【GMOコイン】登録メールアドレスのご確認」というメールを開いたら、【赤枠部分のURL】をクリックする。

※リンク有効期限は1週間なので注意。

 

(5).パスワード設定の画面に飛ぶので任意のパスワードを入力し【設定する】をクリック。

※大文字、小文字、記号などを含めると強度が上がります。

 

(6).【ログイン画面へ】をクリック。

 

(7).【ログイン】をクリック。

 

(8).自分の電話番号を入力し「コードを送信」をクリック。

※必ずSMSが受信出来る番号にすること。筆者は携帯番号を入力しました。

 

(9).電話番号に間違いがないか確認し「コードを送信する」をクリック。

 

(10-1).0120で始まる電話番号から6桁のコードが書かれたSMSが送られてくるので確認。

 

(10-2).(10-1)で受け取った6桁のコードを入力し「認証する」をクリック。

 

(11).これで会員登録が完了です。 

次は口座開設の申込をします。「開設申込へ進む」をクリック。

 

3-2.口座開設申込(個人情報の登録)

(12-1). 口座開設の申込画面になるので赤枠内の必要事項を入力、規約を確認して同意にチェックを入れて「確認画面へ」をクリック。

 

(13).入力内容の確認をし、間違いが無ければ「確定」をクリック。

 

3-3.口座開設の申込(本人確認書類)

(14).続いて、本人確認方法の選択。

「本人確認書類の画像をアップロード」「受取時に本人確認をする」から選択可。

・「本人確認書類の画像をアップロード」・・・自宅不在が多い方にオススメ。

・「受取時に本人確認をする」・・・アップロードに抵抗がある方にオススメ。

 

※本手順では「本人確認書類の画像をアップロード」「運転免許証」のパターンで解説していきます。

 

(15).口座開設(本人確認書類) アップロードする書類を選択。  

運転免許証について、「表面の画像を選択」「裏面の画像を選択」をそれぞれアップロードしたら【画像を確定する】をクリック。

 

(16).この画面になったら本人確認書類のアップロード完了 「会員ホーム画面へ」をクリック。

 

(17).「お客様情報の登録」「本人確認の手続き」にチェックが入っている事を確認する。

後日、佐川急便から「口座開設のお知らせ」が届きますのでそれに記載されているコードを「口座開設コード」欄に入力。

入力後「口座開設」をクリックしたら口座開設が完了します。

 

4.セキュリティ設定をする(任意)

続いてセキュリティ設定に移ります。セキュリティ対策の手段はSMS、アプリ、電話の3種類があります。

今回は最もポピュラーな手段であるアプリの解説をしていきます。

 

◇事前に用意するもの

スマホ

・スマホアプリ「Google Authenticator(iOSAndroid)」

 

会員ホームTOPから「口座情報」 →「2段階認証」→「アプリへ変更」を選択

 

「認証方法を変更する」というウインドウが出てくると同時にSMSを受信するので、SMSに記載されている6桁の数字を入力し、【認証する】をクリック。

 

アプリ「Google Authenticator」を起動したら画面右上にある「+」を押して、「バーコードをスキャン」を選択。

スマホカメラが起動するのでQRコードを読み取る。

読み取りが成功するとアプリ画面上に6桁の数字が出てくるので「2段階認証コードの入力」の欄に数字を入力し【認証する】をクリック。

※アプリに表示される数字は30秒毎に更新されるため入力タイミングに注意。

 

これで認証設定完了です。【閉じる】をクリック。

 

5.おわりに

口座開設と言うと面倒なイメージが有りますが、本手順通り行えば意外と簡単だったかと思います。

仮想通貨取引所の口座ですが、GMOコイン以外にもbitbankやQUOINEX等、複数社持っているとアービトラージにも便利です。

それでは良い仮想通貨ライフを。

 

◇関連記事

・「3分で分かる!リップル(XRP)の購入方法とおすすめの取引所

・「GMOコインがアルトコインのFXをスタート!

 

・スマホアプリで仮想通貨FXができるGMOコイン