こんにちは。

本日はローラのCMでおなじみ、DMM Bitcoinについて書きたいと思います。

  1. 1.DMMビットコインとは
  2. 2.取引できる通貨
  3. 3.主な特徴
  4. 3-1.使いやすいスマホアプリ
  5. 3-2.アルトコインのレバレッジ取引ができる
  6. 3-3.手厚いサポートは業界最高レベル
  7. 4.手数料が無料
  8. 5.おわりに

◇会社概要

会社名 株式会社 DMM Bitcoin
登録番号 関東財務局長 第00010号(仮想通貨交換業者)
事業内容 仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)
本社所在地 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
設立日 2016年11月7日
資本金 12億9000万円
代表取締役 田口 仁

1.DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoinは、2018年1月に開設されたばかりの新しい仮想通貨取引所です。テレビCMでも流れているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

取引所の大きな特徴としては、レバレッジ取引が出来る事や日本円入出金が無料などがあります。また、2018年6月31日までに口座開設すると千円貰えるキャンペーンも実施中です。

2.取引できる通貨

取引出来る通貨ペアについて簡単にまとめました。

詳細につきましては、公式サイトの取引概要をご覧ください。

通貨ペア 現物 レバ
ビットコイン/円 BTC/JPY
イーサリアム/円 ETH/JPY
ネム/円 XEM/JPY ×
リップル/円 XRP/JPY ×
ライトコイン/円 LTC/JPY ×
イーサリアム・クラシック/円 ETC/JPY ×
ビットコイン・キャッシュ/円 BCH/JPY ×
イーサリアム/ビットコイン ETH/BTC ×
ネム/ビットコイン XEM/BTC ×
リップル/ビットコイン XRP/BTC ×
ライトコイン/ビットコイン LTC/BTC ×
イーサリアム・クラシック/ビットコイン ETC/BTC
ビットコイン・キャッシュ/ビットコイン BCH/BTC ×
イーサリアム・クラシック/イーサリアム ETC/ETH ×

3.そのほかの特徴

3-1.使いやすいスマホアプリ

アプリは、iOS版と、Android版どちらも用意されています。

直感的に操作ができて、サクサク動きます。トレード画面とチャートは別画面なのですが、スワイプで切り替えが可能ですので気になりません。チャートはテクニカル表示が可能で、移動平均やボリンジャーバンドなどが使えます。

 

3-2.アルトコインのレバレッジ取引ができる

DMM Bitcoinを利用する上で最大のメリットといえばこれでしょう。

アルトコインのレバレッジ取引に関しては、DMM Bitcoinが国内で最も多く対応しています

レバレッジは5倍と控えめですが、割と波が激しいアルトコイン市場ではちょうどいい倍率かもしれません。

また、国内では珍しいビットコイン以外の仮想通貨の空売りもできるので重宝しそうです。スプレッド(売りと買いの価格差)は5%程度と広いですが、アルトコイン市場暴落の際にも収益を上げる機会が得られますので、トレーダーさんには資金効率が良さそうです。

詳細につきましては、公式サイトの取引概要をご覧ください。

3-3.手厚いサポートは業界最高レベル

取引所を利用する上で忘れてはいけないのがサポート対応ですね。業界を見まわしても「メール対応」が多いです。

しかし、DMM BitcoinではLINEアプリでサポート受付をしていますので、気軽に問い合わせる事ができますね。

もちろん24時間365日対応しています。

4.手数料無料

DMM Bitcoinは様々な手数料が無料となっています。

・入出金手数料

入金:クイック入金無料、通常入金は銀行手数料次第

出金:無料(多くの取引所では540円~程度の出金手数料が掛かります。)

・仮想通貨送金

送金、送付:無料(※マイナーに支払う手数料はユーザー負担)

・取引手数料

現物:無料

レバレッジ取引|売買手数料:無料 ロスカット手数料:無料 スワップ手数料:建玉ごとに0.04%/日

5.おわりに

いかがでしたか?

筆者はレバレッジの豊富さがイイネという印象です。現物はスプレッド広めなのでやらないと思います(笑)←

それでは、楽しい仮想通貨ライフをお過ごしください。

 

ではまた。