米朝首脳会談は売り材料?

週末のビットコイン(BTC)相場は上に行って来いの展開。150万円手前から110万円台に急落後、135万円近くまで反発するも110万円台に値を戻している。

年初来最高値を付けた後、25%の反落を見せていたBTC相場だが、111万円で反発するとGSが独自通貨発行を検討しているとの報道や本邦交換業業者への業務改善命令解除などもあり130万円台に値を戻した。

しかし、この水準で上値を重くすると、米大統領が突如米朝首脳会談を提案した事もあり125万円台に急落した。このところ逃避資産的な買いが強かった事もあり、緊張緩和は売り材料と見られたか。

注目の米中首脳会談は予想通り米追加関税見送りと貿易戦争の一時休戦で合意されたが、事前に報道されていたせいか若干Buy the Fact的な動きで130万円台に乗せた。

しかし、この水準で上値を重くすると、米朝首脳会談が実現した事もあり110万円台に反落を見せている。

 

【新着・関連記事】
中国の逃避買い一服か
乱高下するビットコイン相場のクセと買いの正体

【PR】仮想通貨のFX取引だけじゃない!石村社長へ聞くGMOコインの魅力

スピード注文のGMOコイン
安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。