仮想通貨リップル(XRP)今後を価格チャートから分析ー仮想通貨ニュース コイン東京

6月7以降下降チャートを形成したリップル(XRP)は6月29日より上昇チャートを形成しました。しかし上昇チャートは短期的なものとなり、7月2日以降再び下降チャートを形成しています。

現在下落の値動きを続けているリップル(XRP)はこのまま更に下値を更新する値動きを見せるのでしょうか?チャートを確認していきます。

6月末に下降チャネルライン上で反発する値動きを見せたリップル(XRP)は再びチャネルラインへ接触!

XRPの対ビットコイン(BTC)4時間足チャート出所:TraidingViewのXRPBTC 4時間足チャート

XRP/BTCの4時間足チャートを分析していきます。6月7日以降から下降チャートを形成しているリップル(XRP)は6月26日より2018年12月24日から形成されている下降チャネルラインを下回る値動きを見せました。しかしリップル(XRP)は完全に下降チャネルラインを下回ること無く、6月30日に再び下降チャネルライン内へ戻る値動きを見せました。

さらにその後も反発チャートを継続したリップル(XRP)でしたが、上昇チャートを限定的なものとなり、7月2日には再び下降チャートを形成しています。

そんな中、本日7月4日には再び2018年12月末からの下降チャネルラインに接触を見せています。今後リップル(XRP)は再びチャネルライン上で反発を見せるのか注目です。仮にチャネルラインを割る値動きを見せる場合、下落の勢いは一時的に増す可能性があります。

◇リップル(XRP/JPY)4時間足チャート

XRPの対jpy4時間足チャート

XRP/JPYの4時間足チャートを分析していきます。チャート上の紫ラインはXRP/USDチャートとなります。対法定通貨では依然揉み合いの値動きを続けています。

しかしレンジ相場の中で下値はしっかりと20日移動平均線で支えられる値動きとなっているため、目線は上昇チャート寄りとなるでしょう。

今後のリップル(XRP)価格チャートで予想される動き

現在2018年12月末からの下降チャネルラインに接触しているリップル(XRP)は今後近々再び反発の値動きを見せる可能性が高いでしょう。仮に現在の価格帯から更に下落し、下降チャネルラインを完全に下回る場合、リップル(XRP)の下落する勢いは一気に強まる可能性もあるでしょう。

リップル(XRP)の今後注目すべき価格

【新着・関連記事】
英国の取引所LBXが「ビットコイン建て債券」を発表、ブルームバーグターミナルで配信
仮想通貨取引所KrakenのCEO「テザー(USDT)の急増は、米ドルの流入を反映している」

本記事に掲載された情報や表明された意見は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、金融商品等の売買を提案若しくは勧誘するものではなく、投資に関するアドバイスを提供するものではありません。
また全ての投資・トレードにはリスクがあります。掲載記事やリンク先の記事の情報による不利益や損害については当サイトでは一切の責任を負いかねます。自己責任でお願いいたします。