通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 1,256,815 31,587 42.6 13,310 44,740
前日比 +2.7% ▼0.9% ▼1.5% +3.2% ▼0.1%

今朝方急落

昨日のビットコイン(BTC)相場は上に行って来いの展開。150万円から105万円の半値戻し127.5万円の手前125万円の水準で上値を重くしていたが、これを上抜けるとレジスタンスがサポートとなったが、今朝方割り込んだ形。

米10年債がクリアに2%を割ったこともあり110万円台に値をもどしていたBTC相場だが、トランプ大統領のドル売り介入示唆もあり120万円台まで反発していた。

しかし、その水準では英個人向けデリバ商品規制やリブラ中止要請に対し、BTCサイドチェーンでのアトミックスワップや世界初のBTC建て起債など硬軟材料が交錯したが、香港のデモ隊の過激化と鎮圧は警察の自作自演という見方が拡散、125万円を上抜けると130万円を伺う動きとなった。

目立った材料がない中上値を重くしていたが、独10年債が-0.4%を割り込み政策金利まで下回ると若干値を戻した。祭日だった米州時間は動意がなかったが、日本時間に入り125万円を割ると値を下げている。

 

【新着・関連記事】
反落は米国市場が閉まっていたから?
ビットコインの2つのクセ~乱高下を続ける理由

【PR】仮想通貨のFX取引だけじゃない!石村社長へ聞くGMOコインの魅力

スピード注文のGMOコイン
安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。