週末の急落

週末のビットコイン(BTC)相場は上値トライするも反落。均してみればほぼ横ばい推移で、上値が重く、下値も堅い展開となった。

逃亡犯条例撤回など香港当局の一部融和姿勢、英EU離脱延期法案の上下院での可決。イタリア政局やアルゼンチン情勢の一服などもあり上値を重くしていたBTC相場。

9月開催が見送られていた米中貿易交渉が10月再開の方向とされた事でやや下押しするも下げ止まると、今度は反転。バックト(Bakkt)の入金開始に合わせて10億ドル分のBTCが一つのウォレットに集まったことで開始への準備が進んでいると好感され上伸、弱めの米雇用統計も相まって11,000ドル水準をトライした。

しかしこれに失敗すると、FRB議長が利下げを示唆するも「消費者は中銀によるデジタル通貨発行を求めていない」としたことやETHのイスタンブール延期などもあり急落。その後はほとんど目立った材料もない中、若干、値を戻している。

 

【新着・関連記事】
スピード調整
9月第1週は反発したビットコイン。来週は上値重いと思う理由

【アンケート】個人投資家調査にご協力をお願いします

スピード注文のGMOコイン
安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。