中国当局の取締強化で続落したビットコイン。取締対象とは?

筆者: 松田康生

ビットコイン

 
通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 767,532 15,882 24.8 22,753 4,978
先週金曜日対比 ▼6.8% ▼8.9% ▼6.2% ▼6.8% ▼9.9%
 

中国で取り締まり強化

週末のビットコイン(BTC)相場は大幅続落。オプション期日で8000ドルトライが噂された金曜日を待たず木曜日に8000ドルを割り込んでいたが、金曜日には7000ドルまで割り込む展開。

その後、反発を見せるも7000ドル近辺での取引となっている。Binanceの上海事務所が警察により閉鎖されたとの報道に8000ドルを割り込んだBTC相場だったが、同社が上海事務所の存在を否定するも上値の重い展開が続いた。

そうした中、中国のシリコンバレーとも呼ばれる深圳で39の交換所が違法と特定されたと伝わり、また中国人民銀行が仮想通貨の取り締まり強化を発表したことが伝わると一気に7000ドル(76万円)近辺まで急落。さらに北京でBISSという業者で逮捕者が出たとの報もあり一時7000ドルを割り込んだ。

ただ、いずれも詐欺的ICOに対する取り締まり強化に過ぎず、またDifficulty調整・価格急落を経てもハッシュレートに変化がなかったこともあり下げ止まっている。

 

【新着・関連記事】
取り締まり強化対象
バイナンスショックで急落のビットコイン、値を戻せるか?

ビットコインのレバレッジ取引において投資家から高い支持!
人気のビットコインFXで月間取引高2兆円を記録!口座数200万の国内最大級の取引所
bitflyer

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら

加盟協会