リップルはビットコインやイーサリアムのように、企業に注目されている暗号資産のうちの1つです。

ビットコインは資産の保存先となるデジタルゴールドとしての地位が強まってきている印象ですが、リップルはビットコインより送金に向いている特徴を持っていることから、登場した当時に比べると金融の面で存在感が増してきている印象があります。

ビットコインとは違ったかたちで需要が拡大しつつあるリップルが、今後暗号資産としてどのような価値を持つのかを考察していきます。

アメリカでリップルベースの融資が増加中

アメリカでは、リップルをベースとした融資がかなりのスピードで増加しているようです。リップルはビットコインと比べて処理スピードが早く、手数料もその分安くて済むなど送金に適した特徴を持っているため、もともと融資や金融機関との相性は良い傾向があるため、リップルベースの融資が拡大していることは自然なことのように考えられます。

それに、ビットコインやリップルなどの暗号資産は登場した当初は投資先としての認識が強い傾向がありましたが、世界的に見ると有事の資産の逃避先に選ばれるなど、資産としての地位を高めてきており、単なる投資先としての位置からは脱却しつつあるように感じます。

くわえて、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの暗号資産は現実世界での実用化も着々と進められていることから、暗号資産を利用したサービスや利用方法は、今後ますます多様化して存在感を増していく可能性があります。

リップル社自身も、暗号資産ベースの融資はデジタル通貨の新興市場において、強力で将来性のある利用法だと述べており、融資事業自体は始まったばかりではあるものの、規模はすでに日本円で数千億にもなるというレポートも発表しています。

暗号資産への信頼が高まっている

リップルベースの融資事業は始まったばかりの段階でありながら、すでに数千億規模となっているのは驚きですが、これはそれだけ暗号資産融資に対する期待と潜在ニーズがあるということでもあります。

ここまでニーズがある理由の1つに、暗号資産に対する信頼が高まっていることが挙げられます。

現在、世界各国の通貨は低金利であるものが多く、預金をしていても金銭的なメリットはあまりないといえます。それに対して暗号資産の価値は未知数で上昇していく可能性があるとともに、情勢不安などで法定通貨の価値に不安がある国にとっては、ビットコインは暗号資産の逃避先の手段として選ばれるほどに、デジタルゴールドとしての地位を獲得しつつあります。

このように、多くの法定通貨が低金利であることと暗号資産の信頼度が高まりつつあることが結びつくことで、比較的高い金利が期待できる暗号資産による融資に参加する投資家が増えてきていることが、リップルベースの融資事業が拡大しつつある要因になっていると考えられます。

また、暗号資産に対する期待があるとともに、ゲームやその他サービスの決済手段として採用されてきていることにより、通貨として扱うことに抵抗を感じなくなってきていることも、リップルベースの融資事業拡大の後押しになっているのではないかと推測できます。

以上のことに加えて多くの事業者が暗号資産での融資を受けたいと考える大きな理由として、低コストであることが考えられます。

暗号資産ベースだからこそ低コストの融資が可能

暗号資産を構成する技術であるブロックチェーンを融資の仕組みに採用することで、従来の銀行などの金融システムよりも高度に自動化することが可能になります。これによって、金融機関の審査などを経る必要がなくなり、低コストで融資を受けることが可能になります。

海外への出稼ぎ労働者など母国の家族に送金する必要がある人達にとって、従来の金融システムと比べるとかなりの低コストで送金できるリップルはすでにかなりありがたい存在になっていますが、融資の面でも有望視されているとなると、今後の金融界でますます存在感を増していく可能性があります。

リップルの価値はどうなるのか

リップルは送金や融資の面で存在感を増しており、イーサリアムは銀行などといった金融機関や企業との提携を進め、ビットコインも決済手段として導入されるなど、暗号資産は確実に通貨としての地位を強化しつつあります。

しかも、暗号資産に利用されているブロックチェーン技術はかなり新しい技術であり、その使い道はまだまだ未知数で、これからさらに多様性を増していき、私達の生活に様々な形で浸透していくことが予想できます。

以上のことを考慮すると、リップルは単なる投資対象としての価値以上に、融資などに使われる通貨としての地位を確立していくことが十分に考えられます。ビットコインと同様にデジタルゴールドとして有望視できるのかはまだ明確なことは分かりませんが、将来性に対する期待を込めていくらか保有しておく価値はあると考えられます。

 

 

<本記事ご協力>

JWマイニングファーム国内自社ビル運営 JWマイニング株式会社

今年も仮想通貨祭りが始まるかも! PART3

JWマイニング株式会社

jwmining