ページTOPへ
マーケット情報

BTC週後半投資戦略(10月18日〜)

イーサリアム(ETH)のハードフォークやリップル(XRP)のswellなど、イベントを通過中の週となっております。

これらのアルトコインは現状、セルザファクトの内容となっており、下落基調になってきました。

もうしばらくこの下落基調が続くでしょう。

週末から来週にかけて短期的なポジションが抜けた頃から買いエントリーしていくとよいのではないでしょうか。

 

いくつかチャンスが転がってきそうですから、チャンスを待ちましょう。

 

今週後半のビットコイントレード戦略を書いておきます。

ビットコイン(BTC/JPY)日足チャート分析

出所:bitFlyer

 

ビットコイン円(BTC/JPY)日足チャートです。

高値圏で少し陰線が続いております。

まだまだただの上昇トレンド継続中でしょう。

 

日足の絶好の押し目レベルは56万円〜57万円台のサポートライン近辺となっており、ここまで押し目がきたら思い切ってロングするぐらいの準備をしておいたほうが良さそうです。

 

ここまで調整しますと、ちょうど10万円前後の下落となり、以前に50万円から40万円前後まで押し目を作ったタイミングと似たような形状になってきます。

その後、結局反発して55〜57万円ぐらいまで上値を伸ばしました。

今回も似たような事象になるかもしれませんので、頭の片隅にこのパターンを記憶しておくと良いかもしれません。

4時間足チャート分析

変わってビットコイン円4時間足です。

現在、三角持ち合い形成中でしょうか?

 

天井圏で揉み合い、上抜けパターンですと、この4時間ベースで勝負されると良いでしょう。

直近のサポートラインは61万円前後、または60万円前後となるでしょう。

 

ここは短期的な押し目のサポートとなるはずですから、そこで1〜3万円程反発するはずです。

デイトレードならば、この短期トレードを実施すると良いのではないでしょうか。

個人的にはこのプランで少し検討中です。

ストップは59万円前後に設定をして、1〜2回の買い回転をイメージしております。

 

今週後半の値動きはこの2パターンでイメージをしております。

 

※記事の入稿時間は10月18日15時

 

    ビットコインFXの取引をするなら、国内最大手の取引所bitFlyer↓↓

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ビットコイン/円レート・チャート

908,821 (-0.80%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル