コインベースの上場決定、仮想通貨が最もアツい4月相場がスタート

筆者: ひろぴー

コインベースの上場が4月14日に決定しました。

時価総額は10兆円を超えるとされていますので、米国に上場する企業の中でも110位前後に位置します。これは、ロッキード・マーチンやウーバー・テクノロジーズと同じ規模となります。

他にも、ポジティブなニュースが出ています。

3月31日に、ゴールドマン・サックスが富裕層へ仮想通貨投資を第2四半期から提供する予定だとCNBCが報じました。これでモルガン・スタンレーに続き、投資銀行が仮想通貨を資産クラスとして取り扱うこととなりました。

また、バイデン米大統領は2兆2500億ドル(約250兆円)規模のインフラ計画を打ち出しています。増税を伴いますが、このインフラ計画発表を受けて世界的な景気回復に対して楽観的な見方が高まったことに加え、米長期金利の上昇が一服したこともあり、株式市場は上昇しました。仮想通貨市場もしっかりしており、イーサリアムとバイナンスコインは史上最高値を更新しいます。

さらにファイルコインは1週間で2倍に上昇し、時価総額ランキング10位に入ってきました。時価総額は、まもなく2兆円に達します。この1週間の売買代金は5兆2000億円と上位5位に入ってきました。

仮想通貨はそろそろ天井ではないかと言われていますが、ポジティブなニュースに加えてマイニング市況の好転、大型アルトコインの活況に加え、株式市場もしっかりしています。

ハッシュレートもしっかりとしていることから、4月は例年通りの強い動きとなるのではないでしょうか。

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら