急反発のビットコイン、おそらく底入れと考える理由

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 5,762,796 264,212 134.0 25,905 88,642
前日比 +10.6% +10.1% +20.8% +9.8% +10.4%

*BCH価格はBCHNを使用

BTC急反発

昨日のBTC相場は、大きく反発。朝方に4万7000ドル(約510万円)近辺まで値を下げたが、そこから反発し5万4000ドル(約585万円)台まで値を上げている。

金曜日に4万7000ドル台で下げ止まったが、土日を通して5万ドル(約540万円)近辺で上値を抑えられると、月曜日の朝方に再び47,000ドル近辺まで値を下げ、金曜日の安値をわずかに更新した。

しかし、CMEのBTC先物は約3000ドルの下窓を開けて始まったが急反発。先物開始から2時間で5万ドルを回復、窓埋めにも成功した。その後も勢いは止まらず、週末の戻り高値5万1000ドル(約550万円)近辺を上抜けるとダブルボトムを形成。JPモルガンが今夏にも顧客向けに暗号資産ファンドを提供するとの報もあり、5万4000ドル手前まで値を上げた。

その水準で一旦は上値を押さえられたが、米株が続伸、S&P500が終値ベースで史上最高値を更新する中、5万4000ドル乗せに成功した。

しかし、米株引け後に発表されたテスラ社決算で、同社が272百万ドル相当のBTCを売却していたと伝わると、若干上値が重くなっている。


【新着・関連記事】
米キャピタルゲイン課税率引き上げが現実味を増し相場急落

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら