バイナンスの警告と本人確認について

筆者: 児山 将

6月から、世界最大の取引高を誇るバイナンスに対し当局からの警告や金融機関によるサービス停止が相次いでいます。

これにより、20%ほどあったバイナンスの取引高シェアは10%程度も落ち込み、7月19日時点では10%ほどになっています。

出所:coinhills

直近のバイナンスに関するニュース

  • 金融庁が無登録で国内居住者に金融サービスを提供したとして警告
  • 英当局による国内の営業禁止
  • バークレーズ銀行、Santander UKのバイナンスへの送金停止
  • バイナンスのユーロ建て入金を停止
  • 英決済プロバイダーのクリアジャンクションのサービス提供を停止
  • リトアニアや香港当局から警告を受けた

同時期に、デリバティブ取引大手のbybitも警告を受けています。

バイナンスは2018年にも金融庁から警告を受けています。同年、海外交換業者が日本人へのサービスの提供を終了したことに加え、フォビ・グローバルやHitBTCなどのように日本からのアクセスができなくなる交換業者やユーザーアカウントを閉じる交換業者もありました。

その際に、トラブルの元となったのが本人確認(KYC)です。

国内外の交換業者を利用していたAさんは、とある海外業者のウォレットに入れていた仮想通貨(暗号資産)を引き出そうとしました。その交換業者では、小額だったため本人確認を行っていなかったようです。いざ、仮想通貨を引き出そうとすると、本人確認が求められ、同時にウォレットの正確な残高を通知するように交換業者から連絡がきたそうです。

果たして、金融口座の端数単位まで残高を憶えているユーザーはいるのでしょうか。

結局、Aさんは何度かそれらしい数字を通知したものの、当然残高が合うはずもなく引き出しを諦めることとなりました。

このトラブルに対して、複数の国内交換業者に勤務し、現在は仮想通貨の運用業務を行うS氏に対応方法を訪ねてみました。

結論としては、本人確認をしていなければメールアドレスなどでは証明が弱く、泣き寝入りするしかないそうです。

「道に落ちている財布を自分のものと主張しているのに近い」ためだそうです。

本人確認を行っていれば、自身のモノだと主張できるため、引き出せなかった場合は国内で被害届けをだして日本の警察から海外当局へ照会。そこから交換業者へ調査が入るという流れなのだとか。

また、本人確認を行っていても、ある時に再度本人確認を求められる場合があるそうです。

個人投資家のM氏は、大手交換業者で再度本人確認を求められ、オンラインで面接。3週間以上、アカウントがロックされたのち、ようやく使えるようになったそうです。

なお、返金対応は警察の役割ではなく交換業者が登録されている国の弁護士が担当となるため、非常に煩雑な手続きと時間が必要になるそうです。

そうならないためにも、もし海外の交換業者を利用している人は、今一度本人確認とその見直しを行うとよいでしょう。

※交換業者とのトラブルは、交換業者や利用者次第で対抗が異なる場合が考えられます。海外交換業者の利用はこのようなリスクが伴いますので、十分ご注意ください。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんかぶ 暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より仮想通貨に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。仮想通貨以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら