ビットコイン、昨晩の乱高下の理由と反発の兆し

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 4,974,800 362,556 118.1 19,993 67,973
前日比 +0.5% ▼1.8% ▼1.8% +1.5% ▼4.0%

*BCH価格はBCHNを使用

ウォルマートめぐる報道で乱高下

昨日のBTC相場はもみ合い推移。ウォルマートを巡る報道で4万7000ドル(約515万円)近辺に上昇後4万4000ドル(約485万円)割れに急落と乱高下をしたが、その後は4万5000ドル(約495万円)を中心とした横ばい圏での取引が続いている。

週末に2割以上上昇したポルカドット(DOT)が、月曜日の朝方反落したことから4万6000ドル(約505万円)近辺から4万5000ドル台に値を下げたが、カルダノ(ADA)のスマートコントラクト実装が無事完了したことやDOTの反発もあり4万6000ドル台を回復した。

しかしADAがSell the Fact気味に値を下げると、BTCも下落。4万4000ドル台での取引が続いた。

海外時間に入りウォルマートがLTC決済を受け入れるとの情報が出回ると、LTCが3割以上急騰。BTCも4万7000ドル近辺まで急上昇したが、同社やLTC財団がこれを否定すると急落、一時4万4000ドルを割れた。

しかしマイクロストラテジーのBTC買い増し、英ヘッジファンド、ブレバンハワードの暗号資産投資積極化、モルガンスタンレーの暗号資産調査部門創設などが追い風となり上昇に転じると、NYダウが前日比プラスとなったこともあり4万5000ドル台に回復している。 


【新着・関連記事】

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら