NFTとは|仮想通貨との違いやニュースを解説

筆者: ひろぴー

NFTとは?非代替トークンで唯一無二を証明

NFT(Not Funsible Token)とは非代替トークンと和訳することができます。非代替、すなわち替えが効かないという”唯一性”を保証するデジタル資産がNFTです。

NFTではブロックチェーン技術を用いることでコピー不可のデジタル資産として所有権を証明する事例が多く、ツイッター社CEOの初ツイートがNFTとして売りに出され、約3億円ほどの値がついたことは有名です。

💡ブロックチェーン技術

ブロックチェーン技術は分散台帳を実現するために開発された技術で暗号資産ではビットコインが初めて導入されました。中央集権的な金融へのアンチテーゼとしての立場を確立しつつあります。

NFTは暗号資産に比べて実用的なブロックチェーン

ブロックチェーン技術を利用したもので最も有名なモノは、ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨(暗号資産)でしょう。NFTも同様の技術を用いて作成されています。

NFTは芸術作品やデジタルデータの所有権を証明するためにに使われることが多く、特にデジタルデータが本物であることの証明することに秀でています。また、芸術に携わる人々の作品に流動生が生まれてることでm美術業界などの発展に寄与することもあります。


暗号資産は送金・決済機能としての役割がありますが、2020年以降はインフレヘッジ、価値を保存するための資産として保有されることも増えてきました。

NFTはデジタル資産の取引の裏付けを行うもので、権利の証明が分散的で公開されたネットワークで行われることに意味があり、同じブロックチェーン基盤の仮想通貨とは大きく役割が異なります。

NFTは2016年からスタート

NFTは、2021年になって突然表れてきた言葉に思えますが、実はかなり以前から存在していました。

2016年にはNFTの先駆けとして、カードをブロックチェーン上のトークンとして発行することで、仮想通貨と同じように発行枚数を制限。こうすることで、不正のない取引が実現しました。

この時のカードがカエルのキャラクターPepeで人気となったカードRare Pepeです。2016年9月にはホワイトリスト入りしているペペキャッシュ(PEPECASH)が発行され、Zaifでも取引されることになりました。
※現在は取引停止

その後、クリプトキティーズ(CryptoKittie)と呼ばれるNFTのコレクションカードが流行。珍しいカードは600ETHの価格が付き、当時では1億4000万円程度で取引されるほどでした。

つまり、コアなファンにより取引されていたものが、2021年に仮想通貨が高騰したことで一般層にまで広まることになったといえます。

NFTの大きなニュース

NFTに関するニュースは、毎日といってよいほど出てきています。

2021年から現在までの目立ったNFT関連ニュースを紹介しておきましょう。

  • エイベックスがNFTのバーチャルフィギュアを発行
  • ツイッター社の公式アカウントでオリジナルのNFTを発行
  • NiziUやTWICE所属の韓国芸能事務所がNFT事業に参入を発表
  • Jay-ZがアルバムNFTを勝手に売られそうになり、訴訟を起こす
  • CNNがNFTサービスを開始、歴史的瞬間をNFTとして所有する
  • GMOインターネットグループがNFTマーケットプレイスの運営を開始
  • ISS滞在中の前澤友作氏が宇宙からNFTを発行
  • 大手ECプラットフォームShopifyでNFTを販売へ

国内では、イラストレーターやタレントがNFTを発行するようになっています。その販売先となるのが、NFTマーケットプレイス、仮想通貨でいう取引所です。 

GMOインターネットグループのほか、ミクシィやUUUMもマーケットプレイスをリリースしています。仮想通貨交換業者では、2021年9月にコインチェックが国内初となる暗号資産交換業者が運営するマーケットプレイス、Coincheck NFT(β版)をリリース。LINEが続くかっこうとなっています。

2月10日には、楽天グループが、テレビ朝日とNFTコンテンツの発売を「Rakuten NFT」 で行うことを合意したと発表。2月22日には、交換業者Zaifを傘下に持つフィスコのグループ会社であるFISCO Decentralized Application Platform(FDAP)がNFTマーケットプレイスをローンチしました。

2017年から2018年にかけて仮想通貨交換業者が急増したように、NFT関連事業を行う企業も続々と登場していることが分かります。

未成熟な市場ゆえのデメリットも

NFTは法整備が進んでいないために偽物の作品が流通したり、本人以外が作品や写真をUPしてしまうこともあります。またトランザクション手数料のガス代(手数料)もNFT取引の拡大によって大きな変動があります。

また、仮想通貨と違い取引参加者が非常に少ないため、流動性が乏しく売買が難しいケースも多いとされています。

投資家としては、仮想通貨法案が2017年に施行されたように、法整備などが進展していけば参加者が増え、それに伴って値上がも期待できる環境にもなると考えている人も多いでしょう。プラットフォームが整うとともに、早期のルールづくりの進展が期待されます。

金融大手マネックスグループの安心・安全の仮想通貨取引所
東証1部上場のマネックスグループの取引所!16の仮想通貨へ約500円から投資可能!人気のアプリはダウンロード累計326万
国内初のIEOもスタート!

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら