UST不安がDeFiやNFTに飛び火、ビットコインはどうなる?

筆者: 松田 康生

ポイント

・ついに昨年1月の安値2万8000ドルを一時割り込む
・米CPIはやや強め、米株下落、金利低下で質への逃避的な動き
・暗号資産では、UST不安がDeFiやNFTに飛び火
・ただBTCは売り一巡、アルト売りBTC買いが入る可能性も

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は下落。月曜日に年初来安値3万3000ドル(約430万円)を割り込んだ後、3万ドル(約390万円)~3万3000ドルのレンジでの取引が続いた。今朝方、3万ドルを割り込むと、昨年1月の安値2万8000ドル(約365万円)を一時割り込んだ。

BTCは火曜日に3万ドル割れでサポートされると、反発を始めたが、それまでサポートだった3万3000ドルで上値を抑えられると、ドルとのペッグが崩れていたステーブルコインUST(Terra USD)が再び乖離幅を広げたこともあり3万ドル近辺まで値を下げた。

その後、USTの創始者Do Kwon氏から防衛策などが発表されたことでUSTがやや値を戻したことも、ありBTCも値を戻した。しかし、発表された米CPIが若干強い内容だったことを嫌気してBTCは急落。

米株先物が反発するとBTCも値を戻したが、その米株が高寄り後、反落するとBTCも下落に転じた。

その後もUSTは戻りきらず、関連トークンのLUNAが1日で1/30に暴落。さらに代表的なNFT関連トークンであるApecoinの価格は1日で半分近くになり、DeFi PulseによればDeFiにロックされているトークンも1日で1割低下するなど、UST不安がNFTやDeFiに飛び火する中、BTCは昨年1月22日につけた安値2万8000ドルを一時割り込んだ。


【新着・関連記事】
・今日の見通し|底値を探る展開を予想
証拠金取引の建玉管理料0.00%は楽天ウォレットだけ
毎朝、松田構生がマーケットの見通しを発信中!公式YouTube

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田 康生

松田 康生

楽天ウォレットシニアアナリスト|東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田 康生の投稿

松田 康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら