中央アフリカがビットコインを法定通貨に|エルサルバドルに次ぐ世界で2例目

筆者: 児山 将

4月27日、中央アフリカ共和国がビットコインを法定通貨として採用したと発表しことを、ロイター通信が伝えました。ビットコインの法定通貨化は、昨年6月にエルサルバドルが採用したことに次いで2カ国目となります。

中央アフリカは人口450万人ほどの小国で、金やダイヤモンドの豊富な埋蔵量を誇ります。しかし、1960年にフランスから独立して以来、紛争が長引いており、経済の低迷が続いている模様です。

同国は現在、アフリカCFAフランという通貨を使用しており、1999年1月1日から1ユーロ=655.957CFAフランでユーロに固定されています。なお、アフリカCFAフランは 、同国を含むカメルーンとチャド、コンゴ、赤道ギニア、ガボンのアフリカ中央部の6カ国で使用されています。

大統領府高官によると、ビットコインの導入で経済の改善を期待しているそうです。

先にビットコインを導入したエルサルバドルでは、数多くのビットコインATMが設置され、小規模店舗での決済利用も普及しているそうです。実利用は40%程度のようですが、法定通貨化直後では7割程度の人が反対していたため、思いのほか早く浸透しているという印象があります。

今回の中央アフリカは、もともとドルを利用していたエルサルバドルよりもビットコインの採用に意味がありそうです。アプリや決済端末、ビットコインへの教育がどれだけ進むのかが経済的にポジティブな影響を与えるかどうかの鍵となりそうです。


このニュースを受けて、エルサルバドルの時と同様にビットコインは買われることとなっています。ビットコインには、1年間に100%以上の相場変動があり、為替変動の面だけ見ると、固定相場制を取っていた方が良いのではないかと思います。

しかし、エルサルバドルは火山の地熱を利用したマイニングやブロックチェーンプロジェクトの税制優遇を行うことで誘致を図るなど、経済活動の活性化につなげています。

ただ単にビットコインを法定通貨にするだけで終わらずに、様々なアイディアを出せるかどうか。今後の中央アフリカの動向が見逃せません。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!20の暗号資産を取り扱い。充実の取引サービスは、現物、レバレッジ、暗号資産FX、積み立て、APIトレードが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんかぶ暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より暗号資産(仮想通貨)に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。暗号資産(仮想通貨)以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

関連コラム

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら