ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

※広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけのお得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは みんかぶプレミアム会員になる すでにプレミアム会員の方はログイン

ビットコイン投資のヒント|大きな利益を出すためのタイミングを探る

筆者: ひろぴー

ビットコインやイーサリアムに投資して大きな利益を得たい!

でも、いつ買っていつ売れば良いのか分からない、、。

そんな人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、過去のビットコインの値動きから導き出される優位性のある取引を4つ紹介します。

投資初心者でもできる難しくない運用方法ですので、ぜひ最後までご覧ください。

むやみに取引するよりも、少しでも期待値が高い時に投資できるような参考となれば幸いです。

統計データから確率が高い方法ビットコインの取引4選

それでは、投資初心者でも再現性のある運用方法をお伝えしましょう。

  • 積み立て投資
  • 月別データ投資
  • 50%の下落狙い
  • ハッシュリボン

どれも月に一度程度のゆったりと投資できる方法となっております。

積み立て投資

ビットコインは誕生以来、右肩上がりに上昇してきています。2017年には10万円から240万円に。2021年には300万円から780万円まで上昇しました。

いつまでも上昇し続けるとは限りませんが、この上げ相場が続くまではトレンドに乗ることが投資の王道といえます。

いつ買えば良いのか分からない人には、積立投資が有効です。

定期的に1000円や1万円など同じ金額で買っていくという方法が積立投資です。

投資金額を一定にすることで、価格が安いときには購入量が多く、価格が高いときには購入量が少なくなります。

そうすると、平均購入単価を抑えることができるため、後々価格が上昇した場合に、多くの量を保有できるというメリットがあります。これを「ドルコスト平均法」といいます。

そのためビットコインが600万円など、過去の水準と比べて高値圏にある場合に、毎週や毎月購入することで、1回の投資する資金も安く抑えることができます。


【過去3年間で仮想通貨を積立投資した場合】

対象となる仮想通貨:BTC、ETH、XRP
1度の投資金額:1万円
総投資金額:36万円
購入時期:毎月月初
期間:2018年12月1日~2021年11月30日(3年間)

●ビットコイン(BTC)

評価額:1,714,223円
 利益:1,354,223円
保有量:約0.309BTC

●イーサリアム(ETH)

評価額:5,134,216円
 利益:4,774,216円
保有量:約11.643ETH

●リップル(XRP)

評価額:1,039,864円
 利益: 679,864円
保有量:約10429XRP

これは3つの仮想通貨全てで利益を出すことができており、リップルは約2倍、ビットコインは3倍以上。そして、イーサリアムにいたっては13倍以上の利益を出した結果となっています。

もちろん、全ての仮想通貨が利益になるとは限りませんが、少額から大きな利益を狙える例ではないでしょうか。

ディーカレットの自動積立紹介

大手仮想通貨交換業者のディーカレットには、投資する仮想通貨、金額、購入頻度を指定するだけで簡単にはじめられる積立投資サービス「自動積立」があります。

500円から始められるため、仮想通貨の投資が未経験の方でも試しやすいサービスです。


【ディーカレットの自動積立】

積み立て可能金額:500円~1000万円(1円単位)
積立日:毎日、毎週(月曜日)、毎月(毎月1日)
取扱い銘柄:ビットコイン、イーサリアム、リップル
手数料:無料

【自動積立の始め方】

月別データ投資

仮想通貨は大きな価格変動があるため、安い時に買えれば利益を出しやすくなります。「いつ安くなるのか」は誰にも分かりませんが、過去の値動きを分析することで、その傾向を掴むことはできます。

そこで、仮想通貨がブームになり始めた2017年1月から2021年12月までの毎月のビットコインの値動きを分析。何月に価格が上昇しやすいかなどの統計データをまとめました。

●ビットコインの月別騰落データと勝敗表

期間:2017年1月~2021年12月31日


これをみると、ビットコインは毎月平均して9万円以上上昇していることが分かります。

そして、上昇しやすい月としては、4月、7月、10月。逆に、9月は非常に厳しい月ということが見て取れます。

このデータをもとに、価格が下がりやすい月に買って、上がりやすい月の終わりに売るなどすれば、利益が上がりやすくなるかもしれません。

一見して、意外と上昇していないようにも見えますが、月初から5%以上上昇してからマイナスに転じた月も60回中13回ありました。そのため、5%の上昇を目安に利益の一部を確定するなどのリスク管理を行うと良いかもしれません。

50%の下落狙い

ビットコインは、1年に1度ほどのペースで暴落する時があります。その後、時間は掛かっても、今までは過去の高値を更新してきました。

そうなれば、ビットコインが暴落した後に買うことができれば、大きな利益を出せるかもしれません。

2017年以降にビットコインが50%以上下落したケースと、その3か月以内の最大騰上昇率、さらに下落前の高値に戻すまでの期間を抽出しました。

例)2021年4月の高値が705万円。そこから50%下落した352万5000円で買うと想定。買った月から3カ月以内の最大上昇率と、高値まで戻す期間を算出。

高値を付けた年月 半値になった年月 3カ月以内の最大上昇率 高値まで戻す期間
2017年12月 2017年12月 69.10% 3年
2018年7月 2018年11月 6.10% 1年2カ月
2019年6月 2019年11月 48.70% 1年5カ月
2020年2月 2020年3月 94.40% 5カ月
2021年4月 2021年5月 58.50% 6カ月

表を見るとご覧の通り、過去のビットコインは直近の高値から50%下落した後に買って3カ月待つと上昇している可能性が高いことが分かります。


なお、平均した最大上昇率は55.36%となりました。

そのため、ビットコインが50%下落した時に買うと、3カ月以内に55.36%上昇するという期待値が考えられます。

あくまでも過去の値動きの結果のため、今後もこの通りになるとは限りません。しかし、やはり50%も下落したところは買い場になりやすいと言えそうです。

ハッシュリボン

ハッシュリボンとは、ビットコインの計算をするマイニングのハッシュレート(採掘速度)から最適な買いのシグナルを導き出すという有名な指標です。

まずは、以下の図表をご覧ください。

出所:glassnode.com

glassnodeという仮想通貨の情報分析データを掲載しているWebサイトで、ハッシュリボンを確認することができます。買うタイミングとしては、ピンク色の帯が終わった後(赤色の矢印を記載)となります。

直近5回の買いのタイミングが出た後の値動きをまとめると、次の表の通りとなりとなります。

買いシグナル月 最大下落率 最大上昇率
2019年1月 -7% 283%
2019年12月 -45% 47%
2020年4月 -1% 36%
2020年8月 -3% 114%
2020年12月 -8% 238%

ハッシュリボンのタイミングは、歴史上13回しか出ていない非常に珍しい投資機会となります。

基本的に大きく上昇するケースがほとんどですが、19年12月には最大45%も下落したケースもあります。平均した下落率は10%程度のため、それくらい下がってしまった場合は、一度仕切り直すなどの対応を行えば良いのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

値動きがダイナミックなビットコインでも、過去のデータを振り返ると、どこで上がりやすく下げやすいなど優位性のある期間やタイミングが見えてきたのではないでしょうか。

ビットコインは、ストック・フローモデルという分析モデルを提唱するアナリストによると、2025年には100万ドル(約1億1000万円)を超えるという予想もあります。

ただ、今後も必ず過去の傾向通りになるとは限りません。予想外の値動きとなった場合は取引を行わないなど、損失を押さえるためのリスク管理を優先にすることをおすすめします。

ビットコインの購入は最大手交換業者のディーカレットがおすすめ

ビットコインを買いたいけど、どうやって買えばよいか分からない。どこの会社で取引をすればよいのか分からないという人は多いのではないでしょうか。

そんな方は、国内の仮想通貨交換業者で最大の資本金を持つディーカレット(DeCurret)を利用してみてはいかがでしょうか。

同社は、インターネットサービスプロバイダ事業などを行うIIJが中心となって設立されました。株主にもKDDIや三菱UFJ銀行、三井不動産など、30社以上の大企業が名を連ねており、安心感があるでしょう。

7種類の仮想通貨の取り扱いがあり、500円程度から仮想通貨を購入することができます。また、月々500円からできる仮想通貨の自動積立サービスや、仮想通貨を電子マネーにチャージできる独自のサービスを展開しています。

【ディーカレットの特徴】

・約500円と少額から仮想通貨の購入が可能
・月々500円からはじめられる仮想通貨の自動積立
・最大1,500円分のビットコインをキャンペーンプレゼント中!

ディーカレットの概要
サービス 販売所、取引所、積立、電子マネーチャージ
最低取引金額 500円程度
取扱仮想通貨 7種類
取引手数料 無料(販売所)/Taker:0.23% Maker:-0.03%(取引所)
資本金 98.79億円(資本準備金を含む)

キャンペーン

▼期間
2022年1月10日(月)0時 ~ 2022年3月31日(木)17時

今ならディーカレットでは新規口座開設を行うと、最大で2000円分のビットコインがもらえるキャンペーンを開催しています。

初回1万円以上の入金を行い、販売所で現物取引を行うと最大2000円分のビットコインがプレゼントされます!


【ビットコインのもらい方】

①新規口座開設(無料)申し込みを行い、本人確認を完了させる。
※ベーシックアカウント

②口座開設翌月末までに日本円を入金 ⇒ 500円のビットコイン


▼取引

15万円以上の取引(販売所)⇒ 1000円分のビットコイン
30万円以上の取引(販売所)⇒ 1500円分のビットコイン

※いづれも口座開設翌月末まで

▼キャンペーン期間  2022年3月31日 23時59分まで

特典はベーシックアカウント開設完了月の翌々月中に、ベーシックアカウントへ付与されます。  ※ディーカレットの事情により特典の付与が遅れる場合もあるそうです。

キャンペーン詳細ページ:最大2000円分のビットコインをプレゼント!


2020年以降、ビットコインは金と同じくインフレヘッジの資産として注目されており、テスラが購入したことで注目を集めました。機関投資家もビットコインへ投資を行う波が続いており、今後も注目の投資先として選ばれ続けるかもしれません。


500円程度と少額から投資が可能ですので、興味がある方は、ディーカレットで購入の準備を始めてみてはいかがでしょうか?

かんたんな操作で申し込み!最短翌日から取引開始
国内で資本金最大の交換業者。暗号資産の少額取引に加え、積み立て投資も可能!今なら新規口座開設や取引を行うと最大で2,000円分のBTCをプレゼントするキャンペーンを実施中!

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

※広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけのお得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは みんかぶプレミアム会員になる すでにプレミアム会員の方はログイン
ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

※広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけのお得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは みんかぶプレミアム会員になる すでにプレミアム会員の方はログイン

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

ad hide img

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

※広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけのお得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは みんかぶプレミアム会員になる すでにプレミアム会員の方はログイン

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら