取引・投資 一覧

  • 水星の逆行期にビットコインのトレンドが発生しやすい

    ひろぴー
    21/03/04 (木) 19:00

    アストロロジーで有名な月の満ち欠けのサイクルで相場動向を占うという話をしました。 アストロロジーとは、占星術で太陽や月、小惑星などの天体の位置や動きなどと人や社会の過去の経験則から占うことをいいます。これを相場に応用し、底打ちや天井を見極めるという分析方法があるのです。 今回は、水星の逆行についてお話します。

  • 建玉操作で利益を上げる!ビットコインのうねり取りとは?

    児山 将
    20/08/20 (木) 19:29

    うねり取りとは、投資対象をひとつの銘柄に絞り、相場の変動のなかで売り買いの建玉操作を行いながら利益を生み出す売買手法です。価格変動を利用して利益を出す投資手法であるため、銘柄固有の判断材料がなくても、建玉操作で利益を出すことができます。一方でトレンドを読む力が必要となるため、相場の値動きに慣れていない人にとっては難しい手法です。

  • ビットコインへの投資は春に初めて夏に売れ

    ひろぴー
    20/07/27 (月) 19:28

    ダイナミックな値動きが特徴の仮想通貨ですが、2018年以降の平均価格は80万円程度となっています。 毎年急落する場面があるものの、100万円を大きく超えて上昇する時もあります。つまり、安く買って高く売れば収益が上がると言えます。 今回は、仮想通貨でより収益を上げるために、シンプルかつ難しくない方法を考えていきたいと思います。

  • ビットフライヤー(bitFlyer)での自動売買の設定方法

    緒方裕理
    20/07/17 (金) 18:38

    レバレッジ取引で人気の仮想通貨取引所ビットフライヤー。2014年1月に設立され、長い運営ノウハウを持っていることから、個人投資家から信頼が高く人気を集めています。ビットコインのレバレッジ取引高で国内トップ実績を持っており、板取引の流動性に優れている点も魅力のひとつです。投資初心者でも使いやすくシンプルなデザインや操作性となっているため、ビットフライヤーから仮想通貨取引を開始する投資家も少なくありません。 ビットフライヤーで自動売買を行う方法に関して説明いたします。

  • 暗号資産(仮想通貨)の出来高とは

    緒方裕理
    20/06/23 (火) 18:30

    暗号資産(仮想通貨)のチャートの下部分に棒グラフが表示されている場合があります。 カーソルをあてると、3.5Mなどと左上に数値が表示されるのですが、これは仮想通貨の出来高を表しています。 出来高は取引の盛り上がりを示しており、ローソク足や移動平均線などのテクニカル指標に次いで注目している投資家が多い指標です。出来高の変化を知れば投資判断がより行いやすくなるかもしれません。仮想通貨の出来高の見方分析方法を解説します。

  • ビットコインの売買に使えるチャートパターン

    サエグサケイト
    20/06/16 (火) 19:00

    株式や為替、ビットコインなど、全ての相場にはチャートという価格の変動を表すグラフがあります。チャートは買いの強さと売りの強さも表します。 相場参加者の売買によってチャートが形成されるため、人間心理がチャートに現れるとされています。買いが強い形やその逆、または相場が均衡している状態などのチャートの形があり、それらはチャートパターンとして投資家に知られています。

  • 500円からできる仮想通貨の積立投資

    緒方裕理
    20/06/15 (月) 19:10

    積立投資とは、毎月一定額の投資商品を購入していく投資方法です。投資信託や株式投資などで利用が可能です。 仮想通貨でも積立投資は可能で、あらかじめ設定した金額を買い付けることできて、蓄積された仮想通貨は好きなタイミングで売却することができます。

  • ビットコインと金は連動するのか

    児山 将
    20/06/12 (金) 19:33

    デジタルゴールドとも呼ばれるビットコインですが、しばしばゴールド(金)値動きの相関性が高いと言われています。 2016年からビットコインを見ている筆者には、半分正解ではないかというところ。ビットコインを動かすだけの材料が出た時には、ゴールドとは全く違う値動きをします。

  • ビットコインの価格を探るための様々な指標

    ひろぴー
    20/05/27 (水) 19:00

    ビットコインのファンダメンタルズには、ハッシュレートやアクティブアドレス、レバレッジのポジション動向など、様々な指標があります。 今回は、主なビットコインの価格を探るための代表的な指標を紹介します。

  • 【検証】ビットコインは6月に上昇する可能性が高い

    ひろぴー
    20/05/25 (月) 19:00

    今回も過去の統計データ(2016~2019年)から、6月のビットコインのパフォーマンスと傾向を見ていきます。コインマーケットキャップのヒストリカルデータを基に、2016年から4年分の価格データを用い算出しました。 すると、6月の平均勝率は75%、平均上昇率は11.68%となりました。

  • 上昇・下落を示唆するチャートのパターンについて

    サエグサケイト
    20/05/01 (金) 15:30

    FXだけでなく、株式相場や仮想通貨市場には様々なチャートパターンが出現します。 相場は参加している投資家の売買によって動かされているため、買いが強い状態や、売りが強い状態、相場が均衡している時などそれぞれの状態に応じて現れやすいチャートの形が複数存在します。そこで今回はチャートパターンの中でも覚えておくべき基本形を開設していきます。

  • 【検証】ビットコインは5月に上昇する

    ひろぴー
    20/04/27 (月) 17:18

    先月、ビットコインは4月に下落するという検証記事を書きました。4月ビットコインは69万円でスタートしましたが、記事執筆時点において83万円で推移。新型コロナウイルスも少し落ち着きを見せており、リスクオフの書き戻しの動きとなっています。このままいくと、4月は陽線となりそうですね。過去の統計データ(2016~2019年)より、5月のビットコインのパフォーマンスと傾向を見ていきたいと思います。

  • 仮想通貨の中長期投資のメリットとデメリット

    サエグサケイト
    20/04/27 (月) 13:00

    中長期投資とは数ヶ月〜数年という長い時間をかけて売買を完結させる投資手法です。短期的な価格の上下に左右されず、大幅な価格上昇を狙ってじっくりとその時を待ちます。長い時間をかけて投資を行うため、大きなトレンドの波に乗ることができれば大きく資産を増やすことができます。中長期投資にはメリットだけではなく、デメリットも存在します。気をつけるべきポイントとしてはどういったことが挙げられるのでしょうか?仮想通貨の中長期投資について説明していきたいと思います。

  • ボリンジャーバンドとは?基本や売買テクニックを紹介

    みんかぶ編集室
    20/04/23 (木) 17:00

    何十種類もあるテクニカル指標のなかで、ボリンジャーバンドは日本の投資家に人気があります。ボリンジャーバンドとは、高い確率でバンドの中に価格が収まることを前提に考えるテクニカル指標です。1980年代に米国人のジョン・ボリンジャー氏が考案したことからつけられました。この記事では、ボリンジャーバンドの基本から分析方法について解説します。

  • 【検証】ビットコインは4月に上昇する

    ひろぴー
    20/03/25 (水) 17:15

    先月、ビットコインは2月に上昇するという記事を書きました。

  • 【満月と新月で検証】アストロロジーはビットコインに通用するのか?

    ひろぴー
    20/03/10 (火) 23:00

    アストロロジーという言葉をご存知でしょうか? 日本語訳をすると、占星術で 太陽や月、小惑星などの天体の位置や動きなどと人や社会の過去の経験則から占います。これを、相場に応用し、底打ちや天井を見極めるという分析方法があるのです。 そんな馬鹿な!と思う方もいらっしゃると思います。しかし、意外にも大相場の天井や底打ちを示すことがあるのです。

  • 仮想通貨のテクニカル分析に使いたいテクニカル指標

    サエグサケイト
    20/03/06 (金) 19:10

    株や為替でも多くの人々に使用されているテクニカル指標としては、移動平均線やRSIなどが有名であり、仮想通貨の市場でも使えます。筆者個人としては、為替市場よりも仮想通貨の市場ではテクニカルが効きやすいと考えています。

  • 【検証】ビットコインは3月に下落する

    ひろぴー
    20/03/04 (水) 15:50

    先月、ビットコインは2月に上昇するという記事を書きました。結果として、ビットコインは1月の高値であった103万円台後半を突破し、115円まで上値を伸ばしました。2月後半はコロナショックに巻き込まれて急落し、2月は92万円台で終えました。月足は陰線となったものの、上昇するという結果になりました。今回も過去のビットコインの統計データ(2016~2019年)より3月パフォーマンスと傾向を見ていきたいと思います。

  • 【検証】ビットコインのRSI逆張り戦略は有効か

    サエグサケイト
    20/02/14 (金) 18:53

    RSIのメジャーな使い方としては、数値が70以上になったら買われすぎになるので逆張りで売りを狙うだったり、30以下になった場合、売られすぎなので逆張りで買ってみるというものが紹介されていると思います。ですが、自分としてはRSIの手法は使い方を間違えると、勝てるどころか大きく損失を出してしまう手法だと考えています。今回はビットコイン相場でのRSI手法の検証を行ったので、データを見ながら有効性について考えていきます。

  • 【検証】株式市場のアノマリーは仮想通貨で通用するのか

    ひろぴー
    20/02/06 (木) 16:27

    株式市場には様々な※アノマリーがあります。 ※理論的根拠がある訳ではないものの、相場においてよく当たる経験則やパターンのこと 「節分天井彼岸底」であったり「セル・イン・メイ」などは有名なアノマリーです。 しかし、最近の相場を振り返ってみると、「セル・イン・メイ」はほぼ当てはまっておらず、迷信と化している気がします。

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら