ビットコインの売買に使えるチャートパターン

筆者: サエグサケイト

株式や為替、ビットコインなど、全ての相場にはチャートという価格の変動を表すグラフがあります。チャートは買いの強さと売りの強さも表します。

相場参加者の売買によってチャートが形成されるため、人間心理が現れるとされています。買いが強い形やその逆、または相場が均衡している状態などの様々なチャートの形があり、それらはチャートパターンとして投資家に知られています。

全ての値動きがそれらのパターンに当てはまるわけではなく、パターンが出現していてもセオリー通りに価格が動かない場合もあります。しかし、チャートのパターンを頭に入れておけば取引に役立つ場合が多く、筆者も日々の投資に生かしています。

基本的に、チャートがパターン通りに動いた場合は利益を伸ばし、パターンとは違う動きとなった場合には損切りを行うシンプルな売買を基本としています。これは損切りに生かすこともでき、パターンが出現した時に逆のポジションを持っていた場合、早めに仕切り直すこともできます。

今回は、筆者がビットコインの取引をする上で必ず覚えておくべきだと考えるチャートパターンと売買方法について紹介します。

ダブルトップ・ダブルボトム

これは最も有名なチャートパターンのひとつです。相場の天井または底値圏で出現しやすく、トレンド転換のきっかけにもなりやすいと言われています。

1度目につけた安値(高値)を2度目に更新できなかった場合、反転(反落)することが多いといえます。2つの安値に挟まれた高値をネックラインと呼び、2度目の底打ちした価格から、このネックラインを上抜けした場合はトレンド転換とみなします。

・売買手法

ネックラインを抜けたことを確認してから買いポジションや売りポジションを持ちます。

ヘッドアンドショルダー

ダブルトップ、ダブルボトムのパターンを変形させたものがこのヘッドアンドショルダー(三尊天井)です。こちらの方が出現した場合トレンド転換となる確率が高いとされています。

・ヘッドアンドショルダー(三尊天井)

逆三尊

似たようなパターンとしてはトリプルトップ(トリプルボトム)というものもあり、安値を更新できずにネックラインを上抜けした際にエントリーを行うという点は同じです。

このようなパターンが確認できた場合、その方向にポジションを持つのもいいのですが、トレンド継続の可能性も十分にあります。そのため、筆者はトレンド転換が確定してからポジションを持つようにしています。

上昇ウェッジ・下降ウェッジ

こちらもトレンド転換の際によく見られるパターンです。

チャートに上昇トレンドラインまたは下降トレンドラインを引き、高値(安値)をサポートするラインをもう一本引きます。そして、値動きが収束していき、トレンドラインをブレイクした方向に新たなトレンドが発生します。

・売買手法

ブレイク確認後、値動きに順張りします。値動きが収束してきたタイミングでサポートしているラインに逆張りすることもありますが、トレンドが転換していない限りはそのままトレンド方向へと損失が広がっていくこともあります。しかも損切りラインの設定が難しいため、あまりオススメはしません。ブレイク後の場合は、高値(安値)の更新で損切りを行います。

平行チャネル

トレンドラインを引き、そこから平行に2本の線でチャートを結んだものを平行チャネルと言います。トレンドラインが引けた場合、チャネルの値動きになっていないか確認するクセをつけることで、チャートパターンを見つけやすくなります。

・売買手法

チャネル下限や上限での順張りを基本とし、ブレイクしてしまった場合にはブレイク方向へ乗っていきます。トレンドラインを使ったトレードではブレイク後にリターンムーブという、サポートラインがレジスタンスラインへ転換したことを確認する動きが多いため、リターンムーブが見られた場合は、さらに信頼性の高いトレードができるのではないかと思います。

三角保ち合い

上昇トレンドラインと下降トレンドラインが両方引け、上下の値幅が徐々に小さくなっていき、チャートが三角形の形状になる状態をいいます。

ビットコイン相場では特に見られるチャートパターンのひとつで、大きな値動きが起こった後などはよく三角保ち合いを形成しています。

・売買手法

ブレイクした方向への順張りが基本となります。

アセンディングトライアングル、ディンセンディングトライアングル

次に派生的なチャートパターンとしてアセンディングトライアングルがあります。水平線のレジスタンスラインに対して安値が切り上がりながら価格が推移しているのがアセンディングトライアングルです。逆に高値が切り下がっているものがディンセンディングトライアングルになります。

値動きのセオリーとしては、トレンド方向へ沿って水平線をブレイクします。

・売買手法

トレンドラインでの反発でポジションを取ったり、ブレイク後の値動きに乗るという方法が基本となります。

まとめ

これまで様々なチャートのパターンを見てきましたが、チャートには節目が存在し、ラインを1本引くだけで明確になります。そうすると、今の相場がレンジ相場なのか、値動きが収れんしているのかなどの相場の段階を知ることもできます。

テクニカル分析を行ったことがない人は、まずはチャートには絵を描くつもりでラインを引いてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

発注・分析に優れたスマホアプリ
現物、レバレッジ共に売買手数料が無料で、入出金手数料も無料。世界で唯一モナコインのレバレッジ取引ができる取引所
サエグサケイト

サエグサケイト

現役大学生FXトレーダー。2018年に仮想通貨に出会ったことから投資を始め、現在はFX・指数の中長期トレードをメインに行なっている。テクニカルとファンダメンタル分析を組み合わせた、大きな波に乗るトレードが得意。趣味は読書とラーメン屋巡り。

関連コラム

サエグサケイトの投稿

サエグサケイトの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら