ビットコインの上昇を示すサインが点灯|高勝率売買サインのハッシュリボン

筆者: 児山 将

8月23日に、有名な売買サインであるハッシュリボンが点灯したことが話題となっています。

ハッシュリボンとは、ビットコインマイナー(採掘業者)のハッシュレート(採掘速度)における「30日移動平均線」と「60日移動平均線」を観測することで、相場のトレンドを予見するための指標のひとつです。

glassnodeという仮想通貨の情報分析データを掲載しているWebサイトやトレーディングビューなどで、ハッシュリボンを確認することができます。

前回は2021年8月に点灯し、その後に非常に大きな上昇を演じました。


出所:トレーディングビュー

▼過去のハッシュリボンの点灯の相場の推移

点灯日 最安値(%) 最高値(%) 最高値(日)
2021/8 -5% +92% 2021/11/8
2020/12/3 -7% +239% 2021/4/14
2020/7/12 -1% +51% 2020/10/27
2020/4/25 -1% +72% 2020/6/1
2019/12/27 -55% ※HashWar +70% 2020/2/12
2019/1/11 -7% +283% 2019/6/26
2016/9/4 -3% +3144% 2017/12/26
2015/5/29 -16% +310% 2016/6/18
2015/5/2 -2% +6% 2015/5/8
2015/1/28 -9% +79% 2015/3/11
2013/2/4 -0% +5630% 2013/11/30
2012/6/22 -6% +316% 2013/2/1
2012/5/20 -5% +75% 2012/6/20
2011/12/27 -7% +77% 2012/1/8


過去の4年単位の半減期サイクルでは、ビットコインの価格変動により、1サイクルあたり3回のハッシュリボンの点灯、つまり強気相場入りが起きていました。

ビットコインの壮大な上昇相場は、3回のハッシュリボンサイクルを経て到来するのかもしれません。

ただし、過去に13回と試行回数が少ないため、これだけをあてにしたトレードは禁物でしょう。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!20の暗号資産を取り扱い。充実の取引サービスは、現物、レバレッジ、暗号資産FX、積み立て、APIトレードが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんかぶ暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より暗号資産(仮想通貨)に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。暗号資産(仮想通貨)以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

関連コラム

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら