ビットフライヤー(bitFlyer)での自動売買の設定方法

筆者: 緒方裕理

レバレッジ取引で人気の仮想通貨(暗号資産)取引所、ビットフライヤー(bitFlyer)。

2014年1月に設立され、長い運営ノウハウを持っていることから、個人投資家から信頼が高く人気を集めています。また様々な銀行から出資を受けていることからも信用度が高く、資本力に関しても安心できるといえます。

2020年4月に公開された月次情報によると、bitFlyer LightningのBTC FX取引金額が約3兆1900億円を記録しました。2019年9月から月次情報開示を初めて以降、3番目に大きい金額でした。
 ◇bitFlyer 4月の月次情報公開

さらにビットコインのレバレッジ取引高で国内トップ実績を誇っており、板取引の流動性に優れている点も魅力のひとつです。

投資初心者でも使いやすくシンプルなデザインや操作性となっているため、ビットフライヤーから仮想通貨取引を開始する投資家も少なくありません。

今回は、そんなビットフライヤーで自動売買を行う方法に関して説明いたします。

設定だけで完結!手軽な自動売買の魅力とは

自動売買とは、その名の通り設定しておくだけで仮想通貨を自動で売買してくれる便利なツールです。

自動売買のメリットとしては以下の2点が挙げられます。

  • 時間や労力がほとんどかからない
  • 心理的に難しいロスカットなども自動で行われるため、合理的な取引が可能

自動売買は、チャート分析が苦手であったり、仕事で忙しい方におすすめの取引方法となります。専用ソフトが24時間体制で取引を行うため、最適なタイミングで売買を繰り返してくれるというわけです。

またせっかく購入した仮想通貨が値下がりしてしまっても、ロスカットなどの手段を実行することは実際には心理的に抵抗があるものです。しかし、自動売買ツールは合理的な判断を行ってくれますので、無駄なく取引ができるのです。

しかし、デメリットも存在します。それは、急激な価格変動に対応しにくいという点です。

仮想通貨は価格変動が激しい金融商品なので、大きなニュースなどがあった際は急激に変動します。自動売買ツールはこういった突然の変動には対応できない場合があります。過去の値動きやテクニカル指標などのデータを用いて運用を行なっているため、突発的な事態には対応できないのです。

もし何か大きな事態が発生した際には、手動に切り替えて売買を行うことをおすすめします。

自動売買のソフトについて

自動売買を始めるにあたって、ソフトを用意する必要があります。

自動売買に使用するソフトには以下の2種類があります。

  • ダウンロードして利用
  • クラウド上で利用

利用するソフトによっては、国内の仮想通貨取引所に対応していないこともあるので注意しましょう。

一般的に自動売買を行う方法として、プログラミングの知識が必要です。パイソン(Python)と呼ばれるプログラミング言語を利用して、自動売買ツールを動かす必要があります。

一方で、他人が製作した自動売買botを購入して運用する方法もあるため、プログラミングにそこまで詳しくない投資家の方でも自動売買を利用し取引を行うことは可能です。

販売されている自動売買ツールは、以下のようなものがあります。

  • はむとれ
  • コインパワー

では、自動売買はどのように行えば良いのでしょうか。

ここからはビットフライヤーの自動売買取引の設定方法について、説明します。

自動売買の手順

自動売買の大まかな手順としては、以下の流れとなります。

  1. 取引所の選択
  2. APIの認証設定
  3. 自動売買ツールにAPIの設定を実施
  4. 最適なパラメーターの設定

まず自動売買を始めるにはAPIの取得を進める必要があります。

①取引所の選択

APIを取得するために、bitFlyer Lightningにログインして、メインメニューから「API」を選択します。

◇bitFlyerでの口座開設はこちらの記事をチェック:
 →【Webページから開設する場合】bitFlyerの口座を開設する方法
 →【アプリから開設する場合】ビットフライヤー(bitFlyer)の口座をアプリから開設する方法を徹底解説!

②APIの認証設定

APIを管理するページに移動したら、画面の最下部にある「新しいAPIキーを追加」をクリックして、APIキーを設定しましょう。

③自動売買ツールにAPIの設定を実施

ここでは「入出金」の項目にチェックを入れないよう気を付けてください。特に「出金」の項目にチェックを入れてしまうと、APIキーが流出してしまった場合、被害を受ける可能性があります。そのため、項目へのチェックは必ず外れていることを確認しておきましょう。

④最適なパラメーターの設定

続いて、自動売買ツールにAPIキーをセッティングします。APIキーとAPI Secretをコピー&ペーストするだけで完了します。

APIキーを取得したら使用する自動売買ツールの設定画面を開き、APIキーを入力しましょう。そのあと、ビットコインの価格を取得する必要があります。

レートに関するコードを入力したら、最後は通貨売買用のコードを入力しましょう。ここは取引量や価格を設定する必要があるため、それぞれによって数値は変動します。

これで自動売買の設定は完了です。

APIキーは第三者に見られてしまうと悪用される可能性があります。そのため、APIの手続きをする際は、人目のつかない場所で、なおかつネットワークがプライベートな環境で行うようにしましょう。

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

緒方裕理

緒方裕理

仮想通貨取引7年目のクリプト専門ライター。コインチェックなどの大手取引所から個人レベルの仮想通貨まで扱う専門家。ブロックチェーンなどの基礎理論も理解した上で記事を作成しています。長年の取引経験から、実際に使えるネタを提供することを信条としています。

関連コラム

緒方裕理の投稿

緒方裕理の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら