FXトレーダーに伝えたいビットコイン取引の魅力

筆者: ひろぴー

ビットコインが史上最高値付近で推移しており、これから仮想通貨の購入を考える人も増えてきているようです。

筆者もFXを中心に取引していた2014年末に、仮想通貨を知り投資を始めました。

仮想通貨は、少額から投資を行うことができるため、用意できる投資金額が少ない若い人が参入していると聞きます。長期的には右肩上がりで上昇していますが、乱高下も激しいため投資のタイミングが難しいところです。

しかし、トレードに慣れているFXトレーダーにとっては、参入しがいのある分野だと思います。

そこで今回は、FXトレーダーに知っておいてほしいビットコイン取引の魅力に関してお伝えします。

ビットコイン取引4つの魅力

  • ダイナミックな値動き
  • 4年間で70倍の上昇力
  • 24時間取引
  • 長期金利との相関性が高い

ダイナミックな値動き

ドル円では1日1%程度の値動きが平均的です。変動率が高い英ポンド円でも2%以上動く日はあまりありません。

しかし、ビットコインは1日3~5%程度動くことが多く、月に1度は10%以上急騰・急落するほどダイナミックな値動きを見せてくれます。

激しい値動きな好きなトレーダーにとっては、相性が良いかもしれません。

4年間で70倍の上昇力

2017年1月に10万円だったビットコインは、2021年4月に700万円を超えました。4年間で70倍もの上昇です。当然、為替相場ではあり得ない動きです。上昇トレンドにレバレッジを掛けてついていくスイングトレーダーであれば、大きな利益を出すことが期待できます。

ただし、毎年高値から半値以下まで下落しているため、買いっぱなしという運用も厳しいかもしれません。

24時間取引

FXは平日24時間取引が行われています。

仮想通貨は、1年365日休みがありません。常にどこかの取引所が開いているため、休日にインターバンクが閉まる為替市場のように取引が止まるタイミングがないのです。

つまり、土日も取引を行うことができるのです。

ビットコインに興味を持たれている方は、少額から土日に取引を始めてみてはいかがでしょうか。

長期金利との相関性が高い

始めてのビットコイン取引では、何を参考にすれば良いのか分からないというのは当然でしょう。

FXトレーダーに有利な点としては、米長期金利とビットコインの相関性が高いということです。

11月11日に米国の消費者物価指数が発表され、米長期金利が急騰しドル円も一晩で1円の上昇を演じました。その時に、ビットコインは20万円上昇したのです。

●米10年債利回りとビットコインの推移

参考:米インフレ率の発表でビットコインが急騰!金利で動く仮想通貨

FXトレーダーの多くは米長期金利を見ていると思いますので、これを見てのトレーディングはビットコイントレーダーよりも上手いのではないでしょうか。


これを読んで「なるほど!」と思ってくれたFXトレーダーは、ぜひ1000円の少額からでも取引を始めてみてはいかがでしょうか。

発注・分析に優れたスマホアプリ
現物、レバレッジ共に売買手数料が無料で、入出金手数料も無料。世界で唯一モナコインのレバレッジ取引ができる取引所
ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら