国内でついにドージコインの取り扱いが開始

筆者: 児山 将

4月18日に、BTCBOXがドージコイン(DOGE)の取り扱いを開始すると発表しました。国内でドージコインが取引できる初の取引所となり、ホワイトリスト入りすることになります。

ドージコインとは、インターネット・ミームであるドージの柴犬をモチーフとした仮想通貨(暗号資産)です。ライトコインのソースコードをベースにしていますが、ブロック生成時間はライトコインの2分30秒に対して約1分となるように設計されています。

ドージコイン(DOGE)の概要

創設者 ビリー・マーカス、ジャクソン・パーマー
発行開始 2013年12月6日
時価総額 約2兆4000億円(2022年4月20日時点)
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work (PoW)
ウェブサイト https://dogecoin.com/


ドージコインは、テスラCEOのイーロン・マスク氏のお気に入りの仮想通貨であることでも知られており、知名度は抜群です。昨年、イーロン・マスク氏があおりにあおって8万円の高値を付けました。 

1日の売買代金は1200億円程度あり、トロン(TRX)と遜色ありません。

使用用途があるのかという疑問はありますが、個人投資家に人気のある仮想通貨であるため、国内での取り扱いをきっかけに盛り上がる可能性があります。

注目トピックス

週明けに、米国の確定申告の期間が終了し、米国株を筆頭に仮想通貨相場も盛り上がるのではないかという声が高まっていました。確定申告を終えた再投資が行われているのか、結果的に相場は上昇しておいます。

そんななか、筆者の気になるニュースを紹介します。

  • DeFi関連のBeanstalkで大規模な資産流出被害、約230億円か
  • ビットコインの難易度調整、わずかにマイナス調整へ 200EH/s維持
  • カナダの最大手取引所BitBuyを買収したWonderFiが大手Coinberryを買収
  • マイクロストラテジー社、BTCを買い増す意向、役員報酬もBTC払いに
  • コインベースから3万BTC(約1500億円規模)出庫、超大口の購入か
  • バイデン大統領がリップル社の元顧問マイケル・バー氏をFRBの銀行規制担当副議長に指名

先日のアクシーに続き、DeFiでの大規模な資産流出が起こりました。

管理面で資産流出した際の対応が遅れがちになってしまうという問題などがあり、今後、DeFi関連の新規サービスや投資に影を落とすことになりそうです。

需給面でいえば、マイクロストラテジー社とLUNA財団が毎週数百億円規模の購入を行っています。LUNA財団は、4月に6000BTC以上も購入しており、現在の保有数は4万2533BTCとなっています。

また、米大手取引所であるコインベースでは3万BTCの購入観測もあるなど、大口投資家が買いに転じている様子が伝わってきます。


米国の仮想通貨法案の進展面では、リップル社の顧問だった人物がFRBの銀行規制担当副議長に指名されました。これにより、フレンドリーな法律が制定されるのではないかと期待されています。

なお、元リップル社の顧問ということもあってか、このニュースが流れた日にはリップルの上昇にもつながりました。

4月に入ってから仮想通貨の相場は軟調でしたが、ここから盛り上がっていくかもしれません。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!20の暗号資産を取り扱い。充実の取引サービスは、現物、レバレッジ、暗号資産FX、積み立て、APIトレードが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんかぶ暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より暗号資産(仮想通貨)に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。暗号資産(仮想通貨)以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

関連コラム

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら