成人年齢の引き下げで18歳から仮想通貨の購入が可能に|対象の取引所を紹介

筆者: 児山 将

2022年4月1日に施行された「民法の一部を改正する法律」により、成年年齢が20歳から18歳へ引き下げられました。

このことから、証券会社や、FX会社、仮想通貨(暗号資産)交換業者の一部では、18~19歳であっても口座開設が可能となりました。

そこで、18歳以上から口座開設が可能となっている仮想通貨交換業者を調査し、紹介したいと思います。
※2022年4月11日時点、主要交換業者を調査

18歳以上から口座開設が可能となっている仮想通貨交換業者

出所:Zaif

みんかぶ暗号資産に掲載されている仮想通貨交換業者を中心に、交換業者のお知らせ欄と利用規約などの変更情報を基に、18歳以上から口座開設化可能な会社を調査しました。

【口座開設年齢:18歳~】

  • bitbank
  • DMM Bitcoin
  • BITPOINT
  • ZAIF
  • ディーカレット

【口座開設年齢:20歳~】

  • GMOコイン
  • コインチェック
  • bitFlyer
  • フォビ・ジャパン
  • SBIVCトレード
  • 楽天ウォレット

筆者が確認する限りでは、大手3社であるGMOコインとbitFlyer、コインチェックは従来のままでした。

また、証券やFX事業などを行うSBIと楽天グループの2社も特に変更はしていないようです。

未成年に対する交換業者のリスク管理

DMM Bitcoinのお知らせには、注意事項として「レバレッジ取引」と「投資経験」を挙げていました。

・18歳かつ高校生(職業記載欄が学生)の顧客は、レバレッジ取引におけるリスク等を考慮し、「現物取引」のみの利用とする。

・口座開設の申込み時に投資経験が少ない旨を記載している場合、当社より投資におけるリスク確認を実施する場合がある。


仮想通貨の値動きが激しいですが、18歳と20歳の間には2年の差があります。この期間に投資を行うか否かでは知識はもちろん、経験面でも大きな差が生まれるでしょう。

仮想通貨の取引は1000円以下と小額からでも可能であるため、興味のある方は20歳以下でもチャレンジされてはいかがでしょうか。

bitbankが18歳からできる暗号資産デビュー応援キャンペーンを開催!

成人年齢の引き下げを受けて、bitbankでは新たに仮想通貨取引をはじめる方々への応援キャンペーンを開催しています。

bitbankは、国内での最多クラスの仮想通貨取引量を誇る交換業者です。

取り扱い仮想通貨も14と多く、全ての仮想通貨が販売所と取引所で売買できます。また、セキュリティーにも定評があり、みんかぶ暗号資産調査の口コミも4以上と高評価です。

▼キャンペーン概要
キャンペーン期間中に、新規でビットバンク口座を開設。3万円以上の入金を行うと、抽選で100名に現金2000円をプレゼント。

[キャンペーン期間]
2022年4月6日(水) ~ 2022年5月9日(月)11時59分

[プレゼント内容]
抽選で2000円 x 100名

[キャンペーン詳細・参加方法]
https://bitbank.cc/campaign/newlife2022spring

[発表方法]
当選者にはメールでお知らせ


仮想通貨の取引に興味のある18歳と19歳の方は、この機会に仮想通貨交換業者の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

リップルの売買で人気の取引所!
仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。リップルとモナコインの取引高がトップレベル!
児山 将

児山 将

みんかぶ暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より暗号資産(仮想通貨)に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。暗号資産(仮想通貨)以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら