8月5日9時時点での暗号資産市場の時価総額は142.45兆円、 24時間売買代金は9.02兆円となった。 また、過去24時間での主要暗号資産の動向は、ビットコイン (BTC)が3,001,543円で-1.80%の下落、売買代金は約 33,919億円。 イーサリアム (ETH)は213,359円で-1.53%の下落、売買代金は約 19,436億円。 リップル (XRP)が49.298円で-0.47%の下落、売買代金は約 1,241億円となった。

なお、過去7日間において、ファイルコイン (FIL)+34.66%と大きく上昇。 過去30日ではイーサリアムクラシック (ETC)+128.44%と大きく上昇している。
値下がり率では、過去7日間において、イーサリアムクラシック (ETC)-15.91%の下落。 過去30日ではパレットトークン (PLT)-12.19%の下落している。

時価総額が100億円以上の暗号資産の86銘柄のうち、上昇銘柄は51、下落銘柄は34銘柄となっている。

【市場情報】

▸ 時価総額ランキングを見る

【騰落情報】

▸ 暗号資産変動比ランキングを見る

【売買代金】前日比トップ3

▸ 暗号資産売買代金ランキングを見る

◇ 今週の人気記事

◇ 注目コンテンツ