ビットコインは底打ちの可能性大も買い材料不足

筆者: 児山 将

毎朝、レポートを公開いる楽天ウォレット、シニアアナリストの松田康生氏に仮想通貨(暗号資産)相場展望を聞きました。

底打ちの可能性は高いものの買い材料不足

7月の相場にはいくつものヒントがありました。

FTXとバイナンスによる仮想通貨関連企業の救済。また、テスラのビットコイン売却や、イーサリアムマージ日程の決定。そして、ビットコインの難易度が3回連続のマイナス調整となり、6月の大底を示していると考えます。

もしもう一段の売りがあるとすれば、マイクロストラテジー社によるビットコインの売りか、台湾有事でしょう。しかし、これらが起こる可能性は極めて低いと考えています。

問題は、今のところ目立った買い材料がないところです。ただ、ブラックロックとコインベースの協業や欧州の大手ヘッジファンドであるブレバンハワード、モルガンスタンレーなどウォール街の仮想通貨への動きが活発化してきたため、いずれ本格上昇につながるのではないかと考えます。

イベントとしては、ジャクソンホールと9月の米消費者物価指数(CPI)が注目されます。9月のレイバーデイ(9/5)明けと、その翌週辺りは相場の潮目が変わりやすいため注意しておいた方が良いでしょう。

9月19日に予定されているイーサリアムのマージも注目です。

マイナーがETCにマイニングに移行するのか。または、ハードフォークしてディフィカルティボム(マイニングの難易度を上げること)を無効化して、ETHPoWを続けようとする動きもあるようです。

もしくは、ETHの発行が少なくなりEIP1559(昨年8月のアップデート)の時の様に大きく価格が上昇すると予想している人もいるようです。

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんかぶ暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より暗号資産(仮想通貨)に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。暗号資産(仮想通貨)以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら