5月を振り返ってみると、ビットコインが再び下落に転じたことよりも上場企業の仮想通貨・ブロックチェーン事業への参入が目立った月でした。

そこで今回は5月に仮想通貨関連事業に参入を表明した上場企業について書きたいと思います。

 

『みんなの仮想通貨』のニュースを確認する限り、以下の10社が表明しています。

コード 銘柄 内容
4764 サムライJP 子会社が「仮想通貨保有者向けの貸金事業」の検討を開始
1400 ルーデンHD ICOに向けBlockshine社とルーデンコインに関する業務提携
6177 AppBank 仮想通貨配付コンテンツプラットフォームの提供開始を発表
3845 アイフリーク 事業目的に「仮想通貨交換業」「金融商品取引業」を追加
3944 マネーフォワード

ブロックチェーン・仮想通貨関連メディア事業、
仮想通貨交換所の運営子会社を設立

3793 ドリコム

事業目的に「仮想通貨交換業」「仮想通貨に関する取引所、
交換所の企画、運営および管理」などを追加

7860 エイベックス 事業目的に「仮想通貨交換業」を追加
2489 アドウェイズ

事業目的に「ブロックチェーン技術などを利用した業務」
「仮想通貨関連業務」を追加

2144 やまねメディカル

事業目的に「仮想通貨の企画、開発、発行、売買、仲介、
斡旋および管理」や「仮想通貨に関するシステムの提供
およびコンサルティング」、「仮想通貨の交換業および
仮想通貨に関する取引所の運営、管理」などを追加

3903 gumi

仮想通貨・ブロックチェーン事業に参入すると発表
子会社で仮想通貨投資も

定款変更で株価が急騰することが目立ちました。

会社側から具体的に何を発表するか、時期などは分かってないですが、定款より取引所の運営や取引プラットフォームの提供なのかおおよそ想像がつきます。

某社の事件があったとはいえ、やはり仮想通貨事業を行わないわけにはいかないという状況であることが分かります。

特に上昇が鮮明なのは、やまねメディカル(2144

 

◇やまねメディカル(2144)日足チャート

仮想通貨取引所の運営やICOに絡むトークン開発、取引システムの提供など仮想通貨事業オールインワンを行うとのことで急騰。

5日連続ストップ高の後に5/31に小休止。本日もストップ高となっています。時価総額が30数億円と軽い銘柄だったこともあり、ここまで一気に急騰することとなりました。

2015年末から2016年年初にかけてブロックチェーン関連銘柄が初めて注目され、インフォテリアやさくらインターメットが5倍以上に急騰した相場を思い出します。

仮想通貨の取引所を運営する企業では、BITPointを運営するリミックスポイント(3825)がテンバガー(10倍株)となっています。

ビットコインのレバレッジ取引や草コイン、ICOで夢を見るのも良いですが、仮想通貨関連銘柄にも注目してみてはいかがでしょうか。

【ひろぴーのビットコインFX】韓国、仮想通貨規制緩和方面へ舵を切る。

 

「仮想通貨」関連銘柄をおトクに取引

比較レーダーチャート
「仮想通貨」関連銘柄は手数料が安いネット証券での取引がおすすめ。
証券会社の手数料比較をチェック!
証券会社 手数料比較