ビットコインキャッシュ(BCH)ネットワークは、BitInfoChartsのデータによると、1日に実施したストレステストで、210万件以上のトランザクションを処理した。


Bitcoin Cash transactions historical chart. Source: BitInfoCharts

BCHストレステストのウェブサイトによれば、今回のストレステストはは、コミュニティが主導するBCHメインネットとそのサービスのテストだ。このテストは、BCHのブロックチェーンのキャパシティとスケーラビリティを証明し、BCHネットワークのディベロッパーやサービスを実行している企業、分散型アプリ(Dapps)にデータを提供することが狙いだ。

ストレステストは11月に予定されているアップグレード(参考:ビットコインキャッシュを巡る戦い:11月に迫るハードフォーク、対立の妥協はなるか)の10週間前である9月1日に実施。今後は毎年テストを実施していきたいとしている。

BitInfoChartsによると、ストレステストの結果、ビットコインキャッシュのトランザクションのシェアは、24時間ですべての仮想通貨トランザクションの63%にまで達した。第二位はイーサリアムだった。

 

Cryptocurrency transactions per last 24h. Source: BitInfoCharts

Coin Danceのデータによれば、ストレステスト中、BCHネットワーク上のマイクロトランザクションの数は、1ブロックあたり14,300に急増。Fork.lolによれば、トランザクション数は1ブロックあたり25,783に達した。通常は1ブロックあたり90~150のトランザクションが平均的だ。ちなみにビットコイン(BTC)の平均的な1ブロックあたりのトランザクション数は1000~1500だ。

 


Average number of BTC and BCH transactions per block chart. Source: Coin Dance


Average number of BTC and BCH transactions per block chart. Source: Fork.lol

BitInfoChartsによれば,、ビットコインキャッシュの平均トランザクション手数料は増加しておらず、実際には0.002ドルから0.0017ドルと、わずかだが減少している。

 


Bitcoin Cash average transaction fee historical chart. Source: BitInfoCharts

ソフトウェアエンジニアのジェイムソン・ロップ氏は、ビットコインキャッシュのストレステストが成功だったとツイート。「様々なトランザクションやメモリープールのビジュアライザーをクリアすることできた」と語った。

ビットコインキャッシュについては、8月20日にBCHの商業利用が減少しているとの分析が報道(参考:仮想通貨ビットコインキャッシュの商業利用が減少=米分析会社)された。米分析会社のチェインアナリシスによれば、BCHの決済額は3月に1050万ドルだったものが、5月には370万ドルまで減少したという。

また先週には、ICOコンサルなどを手掛けるサティス・グループが今後の仮想通貨市場についてレポートを公表。ビットコインキャッシュは5年後に268ドルに下落すると予想していた。その理由として、(ビットコイン)ブランドを引き継ごうとしているが、技術的な優位性が小さいことを挙げていた。

参考:仮想通貨リップル、5年後に97%急落 モネロとビットコインは急騰=米リサーチ機関の予測

足元のビットコインキャッシュの価格は、ストレステスト後に上昇。時価総額上位20種の中では一番大きな上昇を見せた。

 


Bitcoin Cash price chart. Source: Coinmarketcap

【最新記事】

「ペトロが存在する痕跡は無い」、ベネズエラの仮想通貨「革命」の謎=ロイターが調査報道
Monappyからのモナコイン盗難、被害額の全額を補償へ

<本記事ご協力>

国内最大級の仮想通貨ニュースサイト|コインテレグラフ日本語版

コインテレグラフ日本語版