マイニングに使用するマシンは高性能であることが求められるため、短時間に膨大な演算ができるGPUなどを搭載したマシンが使用されます。

高性能であるということはそれだけフル稼働しているため、そのマシンが熱を持ちます。これはクルマに例えると、よく分かります。

高性能のスポーツカーは出力が高い一方でエンジンが熱を持ちやすいので、冷却システムも高性能でなければなりません。

マイニングマシンもこれと全く同じで、熱くなりがちなマシンを冷やすために冷却ファンをたくさん取り付ける必要があり、それが新たな問題を引き起こしてしまいます。

それは、「音」の問題です。自宅マイニングではこの音の問題が深刻になってきているので、その問題について解説したいと思います。

ノルウェーではマイニングファームが騒音で閉鎖された

オスロというと、ノルウェーの首都です。このオスロにあるマイニングファーム(マイニングマシンが大量に設置されたデータセンター)が、騒音問題を引き起こしてしまいました。

Kryptovaultという地元の企業が運営していたこのマイニングファームですが、大量のマシンを冷やすために設置された冷却ファンの騒音が我慢ならないという苦情が自治体などに寄せられ、ついには閉鎖となってしまったのです。

ノルウェーというと、気温が低いことから冷却システムもそこまで強力なものは要らないとされています。

しかも環境エネルギーの開発が進んでいるので電力も安く、マイニングファームを運営するには適した条件が揃っていることで知られている国です。

そんなノルウェーで、騒音が原因でマイニングファームが閉鎖されてしまったのですから、マイニングに付き物の騒音がかなりのレベルであることがうかがえます。

自宅マイニングの騒音は「掃除機レベル」

では、自宅でマイニングをする場合の騒音とはどれほどのものなのでしょうか。一般的に言われているのは「掃除機レベル」です。

掃除機を使っている時の「キュイーン」という感じの音が冷却ファンの音に似ているとされており、掃除機をつけた状態が24時間ずっと続くとイメージしてください。

この騒音に耐えられる人は、なかなかいないでしょう。しかも「キュイーン」という掃除機のような音は高周波の騒音なので人間にとって癇に障る種類の音です。

しかも高周波の音は外に漏れやすく、自宅だけでなく周辺の人たちにも騒音が響き渡ってしまうかも知れません。

自宅マイニングでは電気料金がとかく注目されがちですが、実はこの騒音の問題も看過できません。

JWマイニングの騒音対策

JWマイニング社が運営しているマイニングファームは、周辺と騒音の問題を起こさないよう、人家がない場所に立地しています。

住宅密集地や近隣に人が頻繁に通るような場所だと騒音の問題を起こす原因になってしまうので、そもそもマイニングでは騒音が発生するという認識のもとに立地条件から精査をしています。

JWマイニングのマイニングマシンをお使いになった場合、自宅にマシンを置くことなくマイニングが可能なので、電気代だけでなく騒音の問題も完全に解消されます。

意外と見落としがちな騒音の問題は、これからもマシンが高性能化するにつれてさらに深刻になるでしょう。

これからのマイニングでは、この音の問題を十分考慮する必要があると思います。

<本記事ご協力>

JWマイニングファーム国内自社ビル運営 JWマイニング株式会社

JWマイニング株式会社

jwmining