金融庁により仮想通貨が暗号資産と改称されます。

通貨としての機能を仮想通貨では持ち得ないのではないかとの懸念も示されますが、今回は決済機能に特化した仮想通貨であるリップルについて考察します。

同時にリップルを知る上で疑問として浮かぶことが多い点についても解説します。

※本稿では混同を避けるため「リップル」をプロジェクト名、「XRP」通貨単位として表現を統一しています。

XRPは通貨として機能する?

ブリッジ通貨としてのXRP

決済機能に特化した仮想通貨であるリップルは、従来の国際送金(SWIFT)に代わる方法として注目されています。

リップルはXRPを用いることでブリッジ通貨としての役割を前提に開発が行われており、決済手段である通貨として採用される将来性を有する仮想通貨と言えます。

では、ブリッジ通貨とはどのようなものなのでしょうか。

ここでブリッジ通貨を考える前に、法定通貨の為替がどのような仕組みになっているかを知っておきましょう。

円を軸として考えた場合、ドルやユーロなどの他国の通貨と交換するとしたら、USD/JPY、EUR/JPYといった個別の為替レートを基に交換することになります。

詳細な説明は省きますが、上記の送金を実現するためにはコルレス銀行がノストロ口座を保有し、対応する外貨をプールしておかなければいけません。

世界のノストロ口座にプールされている資金は27兆ドルにも及ぶと言われており、この資金がXRPを用いることで解放されることが期待されています。
ブリッジ通貨としてのXRPをすべての通貨交換の間に挟むことで、このやり取りをシンプルにすることができます。

特に流動性が十分に確保されていない新興国通貨などは、XRPとの為替ペアを設定することで対応する各国の法定通貨ペアを用意する必要もなく流動性を供給することが可能になります。

XRPは、インドルピーなどの取引額が多いにも関わらず、まだ効率的なマーケットが開拓できていない通貨に対してより有効となるように設計されています。

参考:期待集まるリップル(XRP)、その可能性とは?

XRPのマーケット戦略

XRPがブリッジ通貨として機能することで、マーケットメーカー(取引所など)は流動性を供給するため、XRPをプールしておく必要があります。

これはノストロ口座と同じ仕組みになりますが、各国通貨を個別で用意しておくよりXRPを単一で保有しておく方が効率的な運用ができます。

マーケットメーカーは流動性を供給するために資金をプールしますが、これは法定通貨との売買により利用されます。

つまり、マーケットメーカーは送金額を確保するためにマーケットから一定のXRPを集めてくる必要があります。

これがXRPの実需を高めることになります。

さらに、リップル開発者であるDavid Schwartz氏によれば、XRPは銀行に対して条件付き契約をリップル社と結びXRPを保有することで生じる価格下落リスクを抑えることができるとも言っています。

これは、デリバティブ取引でいうヘッジ取引と同様の考え方により実現されます。

また、マーケットメーカーがXRPを売り抜けることで利益を得ることを規制するために売却制限も設定されています。

以上のようにブリッジ通貨としての役割とそれを支えるマーケット戦略により、XRPは通貨として機能しうる可能性を秘めています。

リップルとブロックチェーンの関係

リップルはよくブロックチェーンで用いられている分散型台帳(DLT)はブロックチェーンではないと言われます。

それは、リップルが採用している「XRP Ledger」とPrrof of Consensus(PoC)の仕組みが理由となっています。

 

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

liquid

ビットコインを買うならLiquid

高い流動性を誇りビットコインの取引高は国内で断トツトップ!ツールも高機能でスマホからの取引も便利。
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。多数のテクニカル分析が可能。
口座開設はこちら
BITPoint

上場企業の運営の取引所BITPoint

仮想通貨の送金手数料が無料!現物取引は8つの通貨ペアがあり、FXとレバレッジ取引は最大25倍。
口座開設はこちら