いやー、そう来るかー。

という感じの、今朝のビットコイン(BTC)の急落でしたね。

 

再上昇を狙ったパパヤマのロングポジションも、60万円を割りこんでロスカット終了でした。

1回1回の勝敗はどーでもいい。

トータルで利益を残すのが大事なので、さっさと次の戦略を練ることにしましょう。

 

ただ、1点だけ注意したのはファンダメンタルズへの反応のしやすさ。

今回はテザー(USDT)がどうこうという話でしたけど、これまで上方向のファンダメンタルズには無風だったのに、下落方向にこれだけ反応したのは、しばらく注意が必要です。

ようは、マーケットの圧力が下方向に強くかかっているので、上がっていくのがちょっとしんどいかもしれない……ということです。

 

◇ビットコイン(BTC/JPY)日足チャート

とはいえ、日足レベルではダウ理論の押し目の範疇なので、まだアップトレンドです。

普通に押し目なら緑ラインの動き。

いったん、トレンド休憩ならオレンジラインのレンジ。

トレンド終了なら黄色のラインから跳ね返されてピンクの動きが想定されます。

 

ただ、重要な60万円ラインをまたいでの値動きなので、そのままダウだけでトレードできるかというと、そんなに簡単でもありません。

 

◇ビットコイン(BTC/JPY)4時間足チャート

 

黄色ラインが60万円のライン。

下の白いラインがレンジの下限です。

 

見たところ、急落も白いラインで反発してますが上には黄色ラインが控えていて、ここを抜けるかどうかで今後の展開が決まります。

抜ければもちろん、上昇トレンドの再開。

抜けなかったら2パターンあって、黄色ラインが上限、白ラインが下限のレンジか、白ラインを下抜けての下落。

あんまり起こってほしくないけど(笑)

 

なので、エントリー戦略としては方向感が複数あってややこしいのですが、ざっくり絞ると

黄色ラインでの跳ね返り↓を狙って売り(損切りはライン上)

 

白ラインでの跳ね返り↑を狙って買い(損切りはライン下)

ですね。

もちろん、黄色ラインを超えて緑ラインになりそうなら買いで。

 

ぬー。

なんだか難しくなって連休&令和に突入しますが(笑)、リアルタイムはTwitterで更新するので、そちらもよろしくです。

 

では、よいGWを( `ー´)ノ

パパ山根

安心のGMOインターネットグループ
5つの通貨で現物、レバレッジ取引、仮想通貨FXが可能!FX取引ツールレベルの高機能なスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎
スピード注文のGMOコイン

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。