ホワイトハウスとFRBとの対立深まる

昨日のビットコイン(BTC)相場は揉み合い推移。ジャクソンホールのシンポジウムでのパウエル議長講演やフランスでのG7サミットを控え様子見姿勢を強める展開となっている。

四川省での洪水の影響もあり値を下げていたBTC相場だが、洪水の被害が限定的でハッシュレートにも大きな影響を与えていないとの見方から1万ドル近辺で下げ止まっていたが、1万1000ドルトライに失敗してイベント前にポジション調整が入った格好か。

昨日は、FOMC議事録で7月の利下げは保険としたのに加え、カンザスシティー連銀総裁は追加利下げの機は熟していないとし、フィラデルフィア連銀総裁は今は様子見すべきとFRBサイドから利下げ反対の声が続いた。

一方で、市場は9月利上げを100%織り込んでおり、トランプ大統領は昨夜もFRBを非難した。金融市場はこの追加利下げ問題がどう決着するかやや混乱しており、方向感を出せずにいる形か。

 

【新着・関連記事】
議長講演がBTCにプラスと考える理由
オプションディーラーの視点 ~プットの建玉増加はターバイが原因か~

【アンケート】個人投資家調査にご協力をお願いします

スピード注文のGMOコイン
安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。