再び乱高下のビットコイン、何が起こっているのか?

筆者: 松田康生

 
通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 781,197 15,912 23.6 22,705 4,905
前日比 ▼1.6% ▼1.4% ▼1.4% ▼2.2% ▼1.3%
 

サポートを割り込む

昨日のビットコイン(BTC)相場は上下に大きく振れる荒っぽい値動き。78.5万円のサポートを割り込むも、84万円まで急反発、しかし78万円近辺まで反落と、終わってみれば小幅安の展開となっている。

このところ米中貿易問題に対して緊張緩和は買い、交渉決裂は売りで反応するように変化してきたBTC相場だったが、一昨日のトランプ大統領の合意は大統領選後でもいいとの発言やロス商務長官の15日に関税引上げるとの発言への反応は限定的だった。

しかし米下院が香港に続きウィグル人権法案を可決、中国が猛反発すると交渉への影響を危惧したかBTCは下落、遂に78.5万円を割り込んだ。その後、米中合意近いとのブルームバーグの報道や国内大手交換所のBSV現金配布方針などもあり下げ止まると、大統領の協議はうまくいっているとの発言や弱めの米指標などもあり、84万円までのショートカバーを見せた。

しかし、この水準で買いが続かないと再び80万円割れ水準までの急落を見せている。

 

【新着・関連記事】
まずは底値を探るところから
ビットコイン・オプション市場拡大のスポット市場への影響

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!5つの通貨で現物、レバレッジ、仮想通貨FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら

加盟協会