新年あけましておめでとうございます。

2020年もみんなの仮想通貨をよろしくお願い致します。

2019年は仮想通貨業界にとって激動の一年でした。

2月にはビットコインが35万円まで下落するなか、匿名技術が注目されBeamとライトコインが技術提携。3月には、 国内で金融商品取引法と資金決済法の改正案が閣議決定されました。

4月になると相場は劇的に好転し、1日で10万円以上の上昇を見せながら6月には一時150万円にまで急騰。その後は、乱高下しながら100万円を割り込んでしまったものの、 中国の習近平国家主席が「中国がブロックチェーン技術を推進する」と発言し、わずか24時間でビットコインが30万円もの上昇を見せる歴史的な大相場となりました。

山高ければ谷深しと言うにふさわしい非常にダイナミックな相場となり、加えて業界の変動がありました。

みんなの仮想通貨は、外部メディアとの連携を行った年でした。

分かりやすいニュースで定評のあるクリプトタイムズや仮想通貨の相場分析で人気のあるFXcoinと提携し、コンテンツを拡充。また、初心者向けコラムも月4本程度配信するなど拡充を図りました。

仮想通貨投資家向けに、アンケートも実施!みんなの仮想通貨ユーザーのリアルな声や投資家像を浮き彫りにし好評を得ました。

【PR】仮想通貨投資家アンケート結果

取引所選びに役立つ取引所ページでは、アンケートで要望が多かったセキュリティー&顧客サポートコンテンツを新設。投資家の口コミや取引所の売買代金やユーザー数をもとに、取引所の人気比較ページも作成しました。

人気のある仮想通貨のチャートページに関しては、テゾス(XTZ)やコスモス(ATOM)、ビーム(BEAM)などの時価総額の大きいアルトコインの価格情報を追加。

2019年末には、ランキングコンテンツを追加し、過去24時間以外にも、1週間、30日の値上がり・値下がり率及び売買代金を確認できるようになりました。

仮想通貨ランキング

なお、このランキングコンテンツは1月中にもアップデートを予定しています。

 

仮想通貨メディアのなかでは、2018年に引き続き国内で※トップのPVを獲得できたと思われます。
※ウェブサイト計測ツール、SimilarWebより

 

2020年はビットコインとモナコインの半減期を迎えることとなります。また、各国でステーブルコインやSTOの普及、法律の整備が進むと予想されます。今年も2019年と変わらず激動の年となりそうです。

当サイトが皆様にとって便利であり、また『みんなの仮想通貨』の名前の表す通り、他にはないユーザー同士が交流できるサイトとして、今年もさらに成長できればと考えております。

 

2020年も『みんなの仮想通貨』をどうぞよろしくお願い致します。