ビットコイン100万円の節目に大きな壁

筆者: ひろぴー

昨日から噂になっていたバイナンスの日本進出ですが、今日の午前11時ごろ、Zコーポレーション、Taotao、バイナンスの3社が日本市場における戦略的提携に関する交渉開始に同意したことが発表されました。

参考:国内取引所TAOTAOがBinanceとの戦略的提携に関する交渉を開始

これにより、バイナンスで取り扱いがあり国内において人気のある仮想通貨、モナコイン(MONA)とネム(XEM)が勢い良く上昇しています。15日から動き出したモナコインは、一時50%近く上昇し158円を付けました。

仮想通貨市場の売買代金は連日15兆円前後と高い水準となっており、活況を呈していますね。

さて、今回は以前好評だった(ビットコイン急騰後の高値掴みを探る)の記事で解説しましたビットコインの出来高分析を行いたいと思います。

100万が大きな節目に

さて、 トレーディングビューの出来高プロファイルを利用して見てみましょう。なお、価格情報はビットフライヤーとなっています。

◇ビットコイン(BTC/JPY)日足チャート

参考:TradingViewの出来高プロファイルの使い方や設定方法を図解

100万円付近は、10月末から11月前半にかけて揉み合った価格帯ですから、多くの出来高がありました。それだけ、買いポジションが捕まっている可能性があります。つまり、100万円に近付くと「やれやれの売り」が出てきて、上値が重くなる可能性があります。

※価格帯の一つが全体の出来高、色分けされている左側(黄色)が売り、右側(青色)が買いの比率

 

では、TaoTaoの情報ツールであるトレードブロッターも見てみましょう。

出所:trade-blotter.taotao-ex.com

左側が、TaoTaoユーザーの未決済ポジション。右側が指値情報となっています。

未決済ポジションを見ると、75万円台で買っており、20万円ほど利益が出ている投資家が多いことが分かります。素晴らしいポジショニングですね。

一方で85万円付近では売りポジションが捕まっていることが分かります。これは、11月末と12月23日の高値付近であり、1月7日に突破するまではレジスタンスラインとして機能していたからでしょう。大きさは103BTCですから、ざっと1億円近いことが分かります。

一般的に、買いポジションよりも売りポジションの方が決済が早い傾向にありますので、これらのポジションが決済されるときにはショートカバーが発生し、相場が上に走る可能性が高くなりそうです。

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら