ページTOPへ
コラム

海外に移転する中国の取引所

先日、中国当局が国内の仮想通貨取引所規制を行ったことはビットコイナーには認知されているところ。

  • ・9月末に取引所を閉鎖(大手取引所のHuobiとOKCoinは10月末で操業停止)
  • ・海外の取引所へのアクセスは遮断
  • ・取引所の代表者の出国規制

最初は詐欺が横行していたICO規制だったものの、人民元との取引がNGになり、気が付けば取引所は閉鎖されているという中国当局の強引さには驚くばかりです。

幸い、最大のリスクだと考えられるマイニング規制には乗り出してないようで、米最大手のマイニングファームでセキュリティソフトで有名なジョン・マカフィー氏は「中国政府がマイニング事業停止を指示するとは考えられない」とコメントしています。
出所:中国、ビットコイン取引所代表者を出国禁止措置へ

日本では香港でも取引所の運営を始めたリミックスポイントがその被害を受け、株価は下落。

 

 

昨年から仮想通貨関連銘柄の本命としてテンバガー(10倍株)達成しただけに、期待が剥がれやすいものとなったようです。

 

さて、この取引所規制を受けて中国では新たな動きが出ています。

ビットコインキャッシュを生み出したことで知られているマイニングプールと取引所を運営するViaBTCが、海外に取引所をつくるようです。
参考:ViaBTC、中国外に取引所を新設(BTCN)

何度も取引所を閉鎖させられていては、運営側もやってられず、規制の枠を出るしかないということでしょう。

取引所の3分の1は海外のユーザーらしく、それらのユーザーに価値を提供できるというようです。

こうなると、後に続く取引所が続きそうですが、当局からの圧力も気になるところ。

多くの取引所は来月の共産党大会を終えるまで動かないようで、いずれ中国当局からライセンスを受けて取引の再開を待つというスタンスのようです。

しかし、海外へ出るという裏ワザ?を使ったViaBTCは今後中国国内での取引所の運営が行えない可能性もありそうですね。

共産党大会の前後で、また中国の仮想通貨取引所がどうなるかという観測記事が流れるかと思われますので、もし早期再開の目途が立つと今後はビットコインの買い要因となりそうです。

 

 

ビットコイン/円レート・チャート

667,895 (+0.49%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル