ビットコイン、36000ドル突破の意味と今後の展開

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 3,756,188 117,921 31.9 15,136 51,624
前日比 +5.8% +4.7% +2.2% +6.3% +6.0%

*BCH価格はBCHNを使用

36000ドル突破

昨日のBTC相場は底固い展開。3万6000ドル近辺(380万円)から3反落するも330万円台でサポートされると、一旦は3万6000ドル手前で上値を押さえらたが、今朝方上抜け、一旦は底値固めに成功した格好。

グレイスケールのGBTC等の暗号資産信託の募集再開もあり3万6000ドルにワンタッチするも上値重くしていたBTC相場。その直前に3万6000ドルストライクが急減し、オプションの売り手がヘッジの為に買っていたポジションを外しているとの見方もあり上値を重くしていった。

しかしGS幹部がBTC市場は成熟しつつあるとしたことや、セントルイス連銀のブラード総裁がテーパリング(債券購入縮小)を議論するのは早すぎるとするなど、FRB幹部からのハト派発言が相次いだこともあり330万円台でサポートされると、再び3万6000ドルをトライする展開に。

ラガルドECB総裁が世界的なBTC規制を呼びかけ上値を重くする場面も見られたが、ブレイナードFRB理事やクラリダ副議長のハト派発言もあり3万6000ドルに迫ると、金融庁がXRPは証券でないとしたThe Blockの記事でXRPが上昇すると、BTCが3万6000ドルを上抜け、12日の戻り高値更新に成功している。 


【新着・関連記事】

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら