【GMOコイン】2021年4月暗号資産取引ランキング|販売所と現物取引で$XRPが大幅にシェアを拡大

筆者: Noir

GMOコインより、「2021年4月の暗号資産 取引ランキング」が発表されました。

GMOコインは4つの取引方式を抱えており、それぞれのランキングを発表していますので、共に振り返っていきましょう。

概略としては、$XRP(リップル)が全体的に大きくシェアを伸ばした点が特徴的と言えます。その他の通貨は大して変動を見せませんでした。

販売所

なんと1位は $XRP で、前月から25.3%の増加を見せ、$XLM(ステラ・ルーメン)以外の順位が変動することとなりました。

その中でも $BTC(ビットコイン)と $XEM(ネム)は、それぞれ9.6%、17.3%と大きくシェア率を落としました。

リップルがシェア率を伸ばした理由としては、4月上旬にクロスボーダー決済へ取り組んでいる旨を改めて公表したということや、SECとの訴訟でリップル側からの開示請求が認められたことで、13日から14日にかけて約200円まで急騰したことが挙げられると思います。

その後、ロングの決済などで価格は落ちましたが、4月19日にはSBIが4月20日に一般投資家向けのSTOを実施し、額面金額あたり10XRPを付与すると発表したことや、同時期に$XRPの投資商品に機関投資家からマネーが流入してAUMが約2倍になったというレポートがCoinSharesから発表されました。

そしてFlare NetworkのSparkトークン配布は、6月頃を見込んでいるとの発表もなされたのもあって、買いが増えたのでしょう。

これらの材料に暗号資産市場全体の活況も相まって、シェア拡大を進めたのだと思います。


◆リップル(XRP/JPY)週足チャート

取引所(現物取引)

こちらでも販売所同様、$XRPが大幅なシェアの拡大を見せています。

前月から30.7%の増加です。

その影響で、$BTCと$ETHが相対的にシェアを縮小しました。


その理由は販売所のパートで書いたものと同じと考えて良いでしょう。

取引所(レバレッジ取引)

レバレッジ取引の方では、販売所や現物取引と同様に$XRPがシェアを伸ばしましたが、$BTCを超えることはなく2位までの上昇で止まりました。

$XRPのシェア拡大要因は販売所のパートで書いたものと同じだと思いますが、やはりビットコインの方が優勢なようです。

$ETHも僅かにシェアを拡大し、チャート的にも上げ相場でしたが、レバレッジ取引奮わなかったようです。


◆イーサリアム(ETH/JPY)週足チャート

暗号資産FX

レバレッジ取引所と同じような順位変動を見せており、$XRPのシェア拡大によって前月に4位と5位にいた$LTCと$XEMが一つ順位を落とすという結果になりました。

販売所のパートで書いたような好材料からシェアをある程度伸ばしましたが、レバレッジ取引所同様、現物ほどの伸びは見せませんでした。

6月のトークン配布に備えて現物を持っておこうという空気の方が強かったということなのでしょうか。


今後は、$XRPに関してはSEC訴訟の動向監視と、暗号通貨市場全体の雰囲気や値動きを把握しておくと良いでしょう。

後者については全通貨についても言えることですので、常にアンテナをはっておく必要があるでしょう。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

Noir

Noir

2019年よりみんかぶ 暗号資産(みんなの仮想通貨)でライターをしている都内の大学生。趣味は読書と散歩と飲酒。2018年に、仕事で半ば強制的に仮想通貨の投資を始める。仮想通貨について詳しくない人に「なんとなく分かるかも」と思ってもらえる文章で組み上げていきます。

Noirの投稿

Noirの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら