イーサリアムの需給がさらに良好に ビットコインはETF承認へのイベントドリブン開始か

筆者: ひろぴー

先週から、イーサリアムの手数料バーンの速度が加速しています。

ロンドンアップデート直後のペースは、1分で2ETHでしたが、その後は徐々に加速。ここ1週間では5.8ETHペースへと加速しています。1日で、およそ1万1260ETHほどがバーンされることになります。

参考:https://ultrasound.money/

このペースが維持されると、イーサリアムが1日にマイニングされる量(13500ETH)とほぼ同じとなります。ビットコインの半減期よりも遥かに需給が良い状態にあります。

こういった分かりやすいデータはヘッジファンドも参考にしており、BlockTower Capitalのスティーブ・リー氏も想定以上の早い速度になっているとの見解でした。


ETHのバーン速度は、今イーサリアムの売買動向を計ることのできる一番の指標といえそうです。

個人的には、世界中のクリプトファンド勢がイーサリアムのポートフォリオ比率を高めてくるのではないかと考えています。

ビットコインのETF承認が現実味を帯びてきた

さて、材料不足だったビットコインですが、先週ブルームバーグのアナリストが米国でビットコインETFが10月に承認される見通しを出しました。

11月15日前後に、最有力候補であるヴァンエックとシカゴオプション取引所のビットコインETFが認可の期限を迎えます。

ビットコインがインフレヘッジという資産クラスとなり、生命保険会社などのアセットマネジメントもポートフォリオに組み込み、カナダではビットコインとイーサリアムのETFの取引が始まっています。今年、米SECが承認する可能性は非常に高いでしょう。

そして、この材料は今年最大であったコインベースの上場よりも規模が大きいと考えられます。コインベースの上場は、認知拡大につながりましたが、ビットコインETFは取引層が拡大し、新規マネーの大きな流入につながる可能性があります。

8月は500万円で高止まりしているビットコインですが、9月はビットコインETF承認を織り込みに600万円をトライする動きとなるのではないでしょうか。

金融大手マネックスグループの安心・安全の仮想通貨取引所
東証1部上場のマネックスグループの取引所!10の仮想通貨へ約500円から投資可能!人気のアプリはダウンロード累計200万。国内最大級、11種類の仮想通貨の取り扱い

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

関連コラム

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら