レンジ取引のビットコイン、上にも下にも行けない理由

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 4,949,500 369,075 120.3 70,815 19,693
先週木曜日対比 ▼2.5% ▼3.9% ▼0.3% ▼3.0% ▼1.1%

*BCH価格はBCHNを使用

狭いレンジでのもみ合い

週末のBTC相場はもみ合い推移。金曜日から土曜日にかけて4万7000ドル(約515万円)台から4万4000ドル(約485万円)台へ値を下げると、その後は概ね4万5000~4万6000ドル(約495~505万円)の狭いレンジでの取引が続いた。

木曜日に、CNBCでブラックロックの投資責任者がBTCの上値余地を指摘。ECB理事会での債券購入減額決定とその後のドル安も手伝い4万7000ドル半ばまで上昇。金曜日にもXRPの上昇もあり一時4万7000ドルに乗せるも失速。米株の続落や、米財務省がステーブルコイン規制に向けて金融関係者と協議をしているとのロイターの報道が嫌気され、土曜日にかけて4万4000ドル台まで値を下げた。

しかしGumiの1億ドルの暗号資産関連ファンド立ち上げや、バージニア州フェアファックス郡の公的年金の暗号資産投資計画、英国の郵便局での暗号資産購入と言ったポジティブ材料が続いたこともあり下げ止まった。

日曜日にはポルカドット(DOT)が大きく値を上げる中、BTCも一時4万6000ドルを回復した。

今朝方、DOTが下落するとBTCも値を崩したが、DOTの反発もあり下げ止まっている。 


【新着・関連記事】
アメリカ国民はビットコインの法定通貨化に賛成か?

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら