ボバネットワーク(BOBA)をbitbankで国内初の取り扱いを開始

筆者: ひろぴー

本日、bitbankでBOBAネットワークのガバナンストークンであるBOBAの取り扱いが開始しました。同時に、BOBAのレンディングサービスも開始するとのことです。

また同社は、昨年11月12日に取得したOMGネットワーク(OMG)の保有者に対して、エアドロップ(1:1の比率配布)が完了したと発表しています。 

▼取り扱い銘柄

ボバネットワーク(BOBA)/日本円(JPY)    
ボバネットワーク(BOBA)/ビットコイン(BTC)

ボバネットワーク(Boba Network)とは 

ボバネットワーク(Boba Network)とは、イーサリアムの送金遅延や送金手数料高騰などの課題であるスケーラビリティ問題などを解決するためのソリューションを提供するプロジェクトです。

そして、ボバネットワークの分散型自立組織BOBA DAOでのガバナンストークンがBOBAです。BOBAは、ネットワークの運営方針などを決定する投票権として使うことができます。

ボバネットワークは、複数の分散型スケーリングソリューションに関するプロジェクトを開発した実績を持ちます。1000万人以上のユーザーと、91カ国以上にサービスを提供している大型のチームによって開発されており、Band ProtocolやMy Ether Walletなどといった有名なプロジェクトとも提携しています。

また、BOBAではステーキングを行うこともできるようになっています。 

▼BOBAの概要

プロジェクト名:ボバネットワーク(Boba Network)
トークン名:ボバトークン(BOBA)
ティッカーシンボル    BOBA
総発行枚数    5億BOBA
24時間の売買代金:6億程度
時価総額:215億円
時価総額ランキング:248位

【海外の主要取引所】

・FTX
・Huobi Global
・Bitfinex
・Bybit

▼BOBAの価格推移

出所:CoinMarketCap

BOBAは、昨年11月に900円近くまで上昇した後は、下落の一途をたどっています。bitbankの取り扱いが始まり、日本のホワイトリスト入りをした本日は5%ほどの上昇を見せています。

ただ売買代金は1日10億円以下と少ないことから、市場参加者は少ないことが分かります。ホワイトリスト入りを受け、今後取引が盛り上がってくるようであれば、それなりの反発が期待できそうです。

リップルの売買で人気の取引所!
仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。リップルとモナコインの取引高がトップレベル!
ひろぴー

ひろぴー

CXRエンジニアリングCEOとして金融取引ソリューション企業を経営。投資暦は10年以上。株式投資から開始し、FX、先物、商品まで取引。2014年から仮想通貨に投資を開始。同時に仮想通貨投資のエバンジェリストとして執筆・セミナー活動を開始。FX市場で鍛えた世界の投資マネーの潮流を読み取る分析力を武器に、仮想通貨取引でも高い実績を叩き出す。ビットコインFXブログ(https://bitcoin-fx.jp/)を運営中

ひろぴーの投稿

ひろぴーの投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら