底堅さを見せ始めたビットコイン、今週の注目点は?

筆者: 松田 康生

ポイント

・2万1000ドル台にレンジ切り上げ
・3四半期末のオプションや先物期日の影響一巡するも方向感出ず
・過去2回の半減期後も底打ち後、数か月は安値圏でもみ合った
・今週はシントラでの中銀高官発言、ETF審査状況にも注目

週末のBTC相場

週末のBTC相場は底堅い展開。概ね2万ドル(約270万円)でサポートされると2万1000ドル(約285万円)台に乗せたが、2万2000ドル(約295万円)トライには失敗、結局狭いレンジでの取引が続いた。

FRB議長の議会証言2日目で議長が「不況回避は不可能でない」としたことを好感、米株は切り返し、BTCも2万ドル手前で下げ渋り、反発に転じた。

Moody’sによるCoinbaseの格下げで上値を抑えられたが、3月に大規模ハッキング被害を出したAxie Infinity関連のRonin Networkが被害を補填したうえで28日再開されると伝わり上昇に転じた。しかし、同じくクロスチェーンサービスを提供するHorizon bridgeで1億ドル相当のハッキング被害が報告され、BTCの上値が重くなった。

Deribit のオプション期日を無事通過すると20,000ドル方向へ引き付ける力が弱まったせいか、じりじりと値を上げ始めたが、21日に付けた戻り高値手前で上値を抑えられた。

CME先物6月限最終取引時間近辺で下げ渋ると、BlockFi支援が報道されていたFTXが同社の買収を計画しているとWSJが報じると上昇に転じた。

日曜日には21日の戻り高値を若干上回ったが、2万2000ドル手前で跳ね返されるなど、概ね2万1000ドル台での取引が続いている。


【新着・関連記事】

・今日の見通し|底堅い展開を予想
【必見】ビットコインのレバレッジ取引で利益を出すために知っておきたいポイント
ビットコインのレバレッジ取引は楽天ウォレット|おすすめポイントや口コミを紹介

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田 康生

松田 康生

楽天ウォレットシニアアナリスト|東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

関連コラム

松田 康生の投稿

松田 康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら