上値一服のビットコイン、アルトコインに明るい話題も

筆者: 松田 康生

ポイント

・2万3000ドル台に反落
・小売売上高・FOMC議事録はサポートとならず
・ETHPoWが本格始動、今後の相場のけん引役となるか
・XRPやDogecoinにも明るい話題

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は上値の重い展開。2万4000ドル(約325万円)近辺から値を伸ばすも上値トライに失敗、2万3000ドル(約310万円)台半ばに値を下げている。

BTCは、月曜日の中国のサプライズ利上げを受け2万5000ドル台乗せに成功したが、その後は目立った材料もない中2万4000ドルを挟んでのもみ合い推移が続いていた。

ETHのマージ関連でハードフォークでPoWチェーンを存続する動きが本格化、分岐直後の混乱を避けるために一時的にDeFi関連に預けられているトークンを凍結することなどが発表された。

これには必要上やむを得ないと理解を示す声がある一方、中央集権的なやり方に疑問を呈す声なども聞かれたが、HFに向けて一歩進んだ格好となった。

Flareプロジェクトへの期待が集まるXRPやNFTなどへのアクセスが可能となるドージチェーンへのロックアップ需要で堅調なDogecoinなどアルトコインが上昇する中、BTCも再び2万4000ドル半ばまで値を伸ばしたが、Dogecoinが前日に付けた高値手前で失速すると、BTCも2万3000ドル台に値を落とした。

注目の米小売売上高は予想を下回ったが自動車を除いた数字は堅調とMIXな内容だったため、米株が反落して始まるとBTCも連れ安に。

FOMC議事録では発表当初はいずれ利上げのペースが減速するとの見方からリスクオン気味に反応したが、同時にしばらくは高い水準に維持する方針も示されたことを嫌気し、最終的にはBTC売りで反応している。


【新着・関連記事】

・今日の見通し|底堅い展開を予想する
【必見】ビットコインのレバレッジ取引で利益を出すために知っておきたいポイント
ビットコインのレバレッジ取引は楽天ウォレット|おすすめポイントや口コミを紹介

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田 康生

松田 康生

楽天ウォレットシニアアナリスト|東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

松田 康生の投稿

松田 康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら