イーサリアムのマージに向けて、脚光を浴びるイーサリアムクラシック

筆者: 児山 将

来週に迫るイーサリアムのアップグレード(承認アルゴリズムのPoWからPoSへの移行)がこのところの仮想通貨(暗号資産)業界の話題となっています。

これによりスケーラビリティ問題が解決し、マイニングによる消費エネルギーが大幅に削減され、中央集権化のリスク低減などが期待されています。

マージに向けた最終プロセスとなるアップグレードのベラトリックス(Bellatrix)が6日に終了しました。しかしながら、直近の600スロットに渡ってほぼ10分の1の割合でブロックの失敗が生じており、安心できない様子です。ハードフォーク中にバリデータの5%がオフラインになったことが9%ブロック失敗率につながったとする見解があります。

また、Ethernodesの25.6%がマージの「準備ができていない」という調査結果も懸念材料のひとつです。

イーサリアムの上昇が鮮明

そんななか、ここ1週間の上昇率が20%ほどの仮想通貨がイーサリアムクラシックとなっており、マージに向けた関連として脚光を浴びています。

▼イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムのハッシュレートがどこに向かうのかという問題で、PoWの路線を継続する仮想通貨の上昇が期待されています。

そのなかで、イーサリアムクラシックが選ばれるのは自然な流れであるため、時価総額が小さく売買代金が少ないために値動きが軽く、これが大きな上昇に繋がったのではないかと考えられます。

それ以外のアルトコインでは、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、、モネロ、ジーキャッシュなどが考えられます。


元交換業者のディーラーであったN氏は「イーサリアムはスケジュールの遅延がデフォルトであるため、スケジュール通りかつ無事にマージが完了すれば、30万円付近は目指せるだろう」と予想します。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!20の暗号資産を取り扱い。充実の取引サービスは、現物、レバレッジ、暗号資産FX、積み立て、APIトレードが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

児山 将

児山 将

みんかぶ暗号資産(みんなの仮想通貨)プロデューサー 大学4年時にFXを始め、卒業後は飲食店の店長として勤務するも、相場に関りたくみんかぶに転職。記事執筆とサイトディレクションを担当。2015年より暗号資産(仮想通貨)に将来性を感じ、当時1円だったXRPに注目。暗号資産(仮想通貨)以外にも株式、FX、商品CFDなど多岐に渡る金融商品のコンテンツを作成。個人投資家との交流に注力しています

児山 将の投稿

児山 将の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら